キャッシングリボがショッピングリボより金利が高い理由

ショッピングカードには、キャッシング枠とショッピング枠でそれぞれお金が設定されており、

その枠内でカードが利用できるようになっているわけであります。

キャッシングリボというのは基本的にショッピングリボよりも高い値段で設定されている会社というのが多いです。

その差については会社によって異なりますが、おおよそ2~3%くらいさがあるようなケースもあります。

なぜ、この二つは似ているようなものであるのに金利設定が違っているのでしょうか?

これは基本的なお金の支払い方が違ってくることに原因があります。

ショッピング枠というのは基本的に、商品を買ったときの値段を会社が立て替えるわけですが、

支払いに関しては一括で支払うケースが多いわけです。 すぐにお金が返ってくる確率が高いですから金利は基本的に低めです。

逆にキャッシングリボ払いというのは、基本的に融資という形になり、返済に関しても一括ではなく長期的なお金の返済になりますので、

すぐにお金が返ってこないという言とそのリスクを考えるて、高めに設定されているというわけです。

同じようなものと感じていても、実はちょっとした違いや傾向がありますのでこういった金利面での差があるというわけです。