消費者金融の審査と信用情報に記載された事故情報

消費者金融の審査を受ける前に、確認しておきたいのが信用情報です。これまでに消費者金融を利用したことがないという人でも、クレジットカードの支払いや奨学金の返済などの延滞があれば、審査に落ちる原因となってしまいます。それ以外に、携帯電話やスマートフォンの割賦の支払いに問題がある場合なども、審査落ちの原因となります。

こうした信用情報に記載された事故情報は、半永久的に残る訳ではありません。延滞があっても、その後に問題なく返済や支払いを続けていれば、1年から5年程度で事故情報は消えていくことになります。実際に、自己情報が消えているかどうかは、開示請求を行うことで確認をすることが可能です。キャッシングの審査の前には、過去に支払や返済の遅れがなかったかを振り返っておくことがおすすめです。