キャッシングは本人確認が絶対に必要なので注意

キャッシングを希望している方は、本人確認を実施しているので本人確認を行える書類を準備しなくてはいけません。運転免許証の他にパスポートや健康保険証など色んな書類を本人確認として使用することができます。その人によってどのような本人確認書類が提出しやすいのか異なっています。

どれを選択しても審査に悪い影響を与えないので、安心してもらいたいです。ただし本人確認書類を提出することができない方は、残念ながら本人として認めてもらうことができないです。その結果、本人ではないと判断されてしまい、申込を断られてしまうので注意です。キャッシングの申込をする方は、しっかりと本人確認の書類を準備してから申込することが大切です。

専業主婦でもできるキャッシングとは?

基本的にキャッシングというのは、収入があって、返済が見込める人でないとできません。

でも、個人の収入がない専業主婦であっても、キャッシングをしたい場合はありますね。

実家の老親の家をバリアフリーにしたいけど、旦那さまとご両親の仲が良くないので旦那さまには言い出せない。

なんて場合もあるでしょう。

そんな収入のない専業主婦でも、キャッシングできる場所はあります。

今回はその中からふたつの金融機関をご紹介しましょう。

イオン銀行

この銀行には「イオン銀行カードローン」という商品があります。

ただし、旦那さまに安定した収入がなければなりません。

でも、限度額が10万円から800万円を金利3.8%から13.8%でキャッシングが可能です。

カードをお持ちならすぐにでも融資が受けられます。

じぶん銀行

こちらはネット専用の銀行ですが、収入の有無を問わず、金利2.2%~17.5%で30万円までのキャッシングができます。

口座をお持ちであればあれば即日融資も可能です。

ただ、どちらにしてもキャッシングは返済をしなければなりません。

将来を計画的に見据えて、キャッシングは上手に利用しましょう。 

おまとめローンを利用する時は銀行と消費者金融のどちらを選べばいい?

複数の業者から借り入れしていて一本化するためにおまとめローンを利用する人も多いのではないでしょうか。おまとめローンは銀行と消費者金融がサービスを提供していますが、どちらがいいのか悩んでしまう人も少なくないでしょう。そこでどちらを選んだほうがいいのか見ていきましょう。

おまとめローンの審査は通常のキャッシングの審査より厳しいと言われています。そのため消費者金融を選んだ方がいいと思ってしまいますが、銀行の方が限度額が高いですし金利も低いのでおまとめ向きです。返済総額も大幅に減らす事が出来るのでおまとめローンを利用する時は基本的に銀行と考えておきましょう。しかし融資スピードは消費者金融の方が優れているので複数の業者からの借り入れを早く一本化したい時はおすすめです。

銀行のフリーローンが自主規制の抜け穴になっている

近年では、銀行でもカードローンが自主規制の影響によって借り入れが厳しくなっています。

それに伴って隠れてはいますがフリーローンが抜け穴になっている面があるようです。 

フリーローンは、借りたら枠の中で何度も借り入れできるカードローンとは違って、一度枠内の金額を借り切ったらそれ以上は借入できないものです。

こちらの場合ですと、銀行によって百万円台越えでも収入証明が不要な場合もあり、総量規制に関しても適用がかなり緩くなっているようなこともあります。

フリーローンはカードローンと違って借りて返済したらまた借入という部分が制限されていますので、手が緩めだったりすると考えられます。

お金を多めに借りたいときには、フリーローンで逃れるという手もおすすめです。

在籍確認を取れるようにしておこう!アコムで即日融資を受ける時の注意点は?

アコムは最短1時間融資を宣伝していて融資スピードがすごく優れている消費者金融です。金欠気味でお金を借りたいという時にアコムを利用するとすぐに対応してくれます。最近では遊興費に充てるお金を借りたいなど些細な理由でアコムを利用して即日融資を受けている人も増えてきています。しかしアコムで即日融資を受ける時は注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

アコムにキャッシングの申し込みをすると審査の終盤で在籍確認が行われます。在籍確認は基本的に勤務先に電話をかける方法で行われるので誰も出ないと審査が可決されません。特に土日祝日は勤務先が休みで誰も出ない可能性が高いので注意が必要です。アコムで即日融資を受ける時は在籍確認がしっかり取れる状態を整えておきましょう。

銀行ローンと消費者金融のキャッシングはどちらが審査が緩い?

銀行ローンと消費者金融のキャッシングで迷われている方は、銀行VS消費者金融という2つで比較すると、銀行はやはり堅いイメージがあるので、銀行の方が審査が厳しい、融資してくれなさそう、そんなイメージがあるかもしれません。実は、正解はその反対なんです。

実際的には消費者金融で審査が通らなかったけれど、銀行ローンなら通ったとかいうことが多いのです。そして、特に女性は特に銀行ローンがおすすめです。主婦の方やアルバイトの方、派遣社員の方など、その方の仕事形態にあまりこだわらず審査をパスできるのが銀行なのです。

その理由としては、銀行は信用を大切にするので、例えば過去に悪い履歴がないとか、家族がきちんとしていればそれで通ってしまうことがほとんどです。そのため、初めての方は銀行ローンがおすすめです。

アイフルの教育ローンを解説します

大手消費者金融のアイフルはカードローンの取り扱いだけでなく、借入金の利用は制限されるもののよりお得に借り入れができる目的ローンの取り扱いがあります。目的ローンの一つである教育ローンについて詳しく確認していきましょう。

アイフルの教育ローンは利用限度額が最高で100万円、実質年率が9.8%から12.0%(2018年8月9日時点)となっており同社のスタンダードなキャッシングよりも上限実質年率が非常に低い点に大きな特徴があります。

また借りたお金は子どもの学費やクラブ活動費などとして利用できるだけでなく、契約者本人の学費としても利用ができます。ちなみに契約をする際には本人確認書類などに加えて領収書などの資金使途証明書類も必要です。

消費者金融の審査は正直に答えることが大切

消費者金融のキャッシングを利用するためには、審査に通る必要があります。ただ、年収が低い人や非正規雇用で働いている人などは、この条件で審査に通るのか不安を感じてしまうこともあるでしょう。たしかに、年収が高く正規雇用で働いている方が審査に通る可能性が高くなりますが、申込みをする時には正直に申告することが大切です。

消費者金融側が虚偽の申告に気づかなければ、そのまま審査に通る可能性もあるでしょう。しかし、虚偽の申告をしていることが分かれば、その時点で信用がなくなります。すると、審査落ちの原因となってしまいます。後日、虚偽の申告であると分かった場合も、様々なペナルティが課せられる可能性があるため、消費者金融の申込みは正直に行うことが大切です。