おまとめローンを使って返済の仕方を変化させる

キャッシングは、限度額上限まで借り入れ出来る比較的自由度がある個人向け融資サービスです。この融資サービスは、貸金業法で決められている総量規制による総限度額の制限がありますが、その制限の上限までであれば、複数の金融会社のサービスを併用する事が可能です。しかし、複数の会社から借り入れをしますと、それだけ月に返済をする回数が増加しますので、途中で返済窓口を一本化した方が返済の効率が良くなります。

おまとめローンは、複数の消費者金融会社のキャッシングで借り入れした人々の借り入れしている金額のお金を融資し、それを借りた利用者が現在の借り入れを一括で返済する事で、返済の為に借りた借り入れを新たなローンとして返していくという融資サービスです。キャッシングと比較して自由度がある融資サービスではありませんが、返済方法を変化させる手段として効果的です。

比較して選ぶユーザーの用途にマッチしたキャッシング

いつものコインランドリーで洗濯かごが盗まれました。

もぉ。どうやって持って帰るの、これ。

いつもは雨が続いた時に乾燥機を利用するのですが必ず乾燥機に洗濯物を入れたあとにかごは車で持ち帰って、また取りに行くときに、かごを持っていっていました。

その日は、そのまま出掛けないといけなかったので車で待機するつもりで目に見えるところだし中からもすぐ見えるところに停めて待機していたので、まさか持っていかれると思わず置いたままにしていました。

クリーニング屋さんの続きである新しい雰囲気のコインランドリーなので時々クリーニング屋さんが回って見ている清潔間のあるところです。

入れ替わりで、3組くらいは入っていったのですが怪しい感じの人もおらず私くらいの主婦ばかりだったので監視するようにみたりしなかったんです。

でもあの同じ立場であろう主婦の方の誰かが持って帰ったんですよね。なんかショック。

なんとなく、まだおじさんとかなら良かった気が。

洗濯物って持って行った時より乾燥させた後の方が、ボリュームが増すから、持った来たかごでは入らなくて置いてあったから使ったんだと思います。

無ければ盗まなかったのに、ちょうど良いタイミングで私が置いておいたから使っちゃったんですよね。

反省。

私はクリーニング屋さんにごみ袋を頂いて使いました。

クリーニング屋さんに監視カメラがあると聞いたけどそこまではしなくて良いと伝えて帰りました。

まあいいやと思って置いてしまった私も悪いのですが、何も考えず持って帰る人もいてショックでした。

キャッシングの審査における本人確認の重要性

キャッシングを利用するには、新規申込みをして審査を受けなければいけません。その審査の過程で重要であるのが本人確認です。本人確認は、キャッシングの申込みをしたのが本人であり、なりすまされていないかをチェックする為に行われます。消費者金融会社から求められている本人確認書類を用意し、申込書や申し込みフォームに勤務先や連絡がつく連絡先などを正しく記載するだけですので、申し込む時に記載内容などが間違っていないか確認しておくだけです。

消費者金融会社では、本人確認をする時に、申込書や本人確認書類だけで行っておらず、更に申込書に記載された勤務先に電話をかけて、実際に申し込んだ人が勤務先に在籍しているのかどうかを確認する在籍確認をします。申し込んだ人は、この在籍確認の電話を受ける必要がありますが、何らかの用事でその場にいなくても、他の人が電話を受けて在籍している事が分かれば、それで在籍確認は済みます。
この時に審査担当者は、消費者金融会社名を名乗る事がありませんので、安心して在籍確認を受ける事が出来ます。

本人確認は、利用者が消費者金融会社に信用してもらって、お金を借りる為にも必要な事ですので、利用者は審査を受ける際には重視しておく要素と言えます。

ブランド品を買う時に金利が低い業者を利用すればお得にローンを組める

社会人になると年齢に合ったブランド物の時計や靴を買う必要がでてくるので、ローンを組んで値段の高いものを買う方法を知っておくことは大事です。ローンを組むことができるいろいろな業者がありますが、きちんと金利をチェックしないでローンを組んでしまうと相場より高い金利を負担しなくてはならなくなる可能性があるので注意をした方がいいです。

私は社会人になって初めてブランドのカバンを買った時にローンを利用しました。高い買い物だったので金利が高くなってしまうことが不安でした。なるべく金利を低くしたかったので、ローンを組む前にお得に利用できる業者がないか調べました。私はキャンペーンを利用してローンを組むことができたので、金利を低くすることができてよかったです。また、ローンを組む以外にもキャッシングをすれば高い買い物をすることができます。

初めてキャッシングを利用する人に限って金利が安くなるサービスをしている業者がいるのでチェックしてからキャッシングを利用した方がお得です。金利が低くできれば高いブランドの洋服を買っても返済に困る心配はないです。また、ローンを組むときには必ず返済できる金額になるようにすることが大切です。

「はじめてのアコム」を初めて利用してみた

以前バンドとバイトにあけくれていて、家賃がどうしても足りなくなってしまった時の事です。当時は音楽で成功することを夢みて、毎日一生懸命バンド練習をしていました。私はギターだったので楽器はもちろん、エフェクターやアンプなど必要なものはもちろん自分で揃えなければならないので、バンドの練習以外はピザ屋でアルバイトをしてそのお金でやりくりする生活を送っていました。

そんなある時、どうしても追加で購入しなければならない機材が1つあり、それがなかなか高額だったので家賃が足りなくなってしまって払えなかった月がありました。それでも催促されることはなかったのでほったらかしにしてしまっていたのですが、翌月大家さんから先月と今月分を払えなかったら出ていってもらうと催促の通達がありました。10日ほどしたら翌月分の家賃も払わなければならないタイミングだったので、どうしてもお金が足りませんでした。

友人に借りるのは絶対に嫌だったので、CMでみたことがあったアコムで借りれないか調べてみることにしました。多分ちゃんと働いていないから無理かなと思っていたのですが、どうやら借りれそうということがわかり、ウェブでも申込みは可能のようでしたが、わからないことも聞きたかったので電話で質問と申し込みをしました。金融関係には恐いイメージしかなかったので意外だったんですが、とても丁寧に相談に乗ってくださり初回だと一月は利息がかからないことも教えてくれたりと親切に対応してくれたので、安心して借りることができました。

私は一月以内の返済が難しかったので利息はかかってしまいましたが、友人などに借りて万が一それが元になって仲違いしてしまったりするのは嫌なのでこういったサービスがあると本当にいざというとき助かるんだと身を持って実感しました。

学生がキャッシングを利用する際にやってはいけないこととは?

学生という身分でキャッシングに申込みを行うと、それだけで限度額が制限されてしまったり、学生では利用できないと受け付けてもらえないことも多いです。そこで、学生ではなくフリーターとして契約をすることを考える人も居るかも知れませんが、それは決してやってはいけません。

キャッシングの申込みにおける身分や職場などは必ず正確に申請する必要があります。担保もなくお金を借りるのですからこれは当然です。何かしらのウソをついて契約を行うと、それが発覚した際にその時点で借りていたお金の一括返済を要求されたり、信用情報が傷付く可能性まであります。そうなってしまうと、今後キャッシングやクレジットカード、ローン契約を利用する際にいいことは何もありません。文字通り自分の信用が傷付いてしまうのです。

現実的に学生ではキャッシングは利用し難いのは分かりますが、決してウソをつかずに正直にそのように申請をして、それでも借りられるところを利用してください。逆に学生だけが利用できる「学生ローン」を専門に提供している業者も多いので、そのようなところを利用することも考えてみるといいかも知れません。

キャッシングで利息を抑えたい時には繰り上げを活用

キャッシングで借りれば、利息は払っていく事になります。いわゆる金利手数料です。

ところで借りる側からすれば、何とかその利息を低く抑えたいこともあります。そのために、繰上げ返済などはよく行われているのです。

繰り上げ返済とは、返済日が到来する前に払う事です。キャッシングでは、基本的には毎月の返済日が設定されます。毎月15日や20日など、色々と設定される訳です。

それで本来なら、その15日や20日などに払う事になります。しかし利息に対する負担額が気になる時には、それより前に払うやり方もあるのです。

現に金融業者としては、その前倒しで払う手続きも受け付けています。金融業者に振り込みをすれば、基本的にはいつでも返済は可能なのです。

時には資金的な余裕が生じて、早めに返済できる事もあるでしょう。その場合は繰上げをフル活用して、早めに残高を減らすやり方もあります。その方が、返済期間も短縮できるからです。

というのも利息に対する負担額は、残高と比例する一面もあります。残高の数字が大きければ、金融業者に対する負担額も高まってしまうのです。

逆にその残高を早めに減らしてあげれば、キャッシングでの負担額も減らせる訳です。ですから利息に対する負担額を減少したい時には、繰り上げで早めに返していくと良いでしょう。

みずほ銀行のカードローンを利用する際の注意点

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行といった大手都市銀行ではそれぞれカードローンを提供しており、どれも消費者金融より金利が低いことからとても人気になっていますが、この中でみずほ銀行のカードローンを利用する際には多少注意が必要になります。

それは、他の2行と比べて多少サービスや利便性で劣る面があるからです。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行はそれぞれアコム、プロミスといった大手消費者金融がグループ企業に存在することから、サービス面を含めたカードローンに対するあらゆるノウハウがあるのに対して、みずほ銀行は特に消費者金融との付き合いがない為だとも考えることができます。

もちろん保証会社こそ付いていますが、オリエントコーポレーションなので、カードローンのノウハウをそこから吸収するのは難しいでしょう。そのような背景の影響からか、まず大手都市銀行のカードローンの中でこのみずほ銀行のカードローンだけは無人機を利用して申込むことができません。

また、利用にはみずほ銀行の口座が必要になります。これは、返済をそこからの自動振替で行う為で、持っていない場合はカードローンの申込みと同時に開設しないといけません。このように、サービスや利便性では他の2行に劣らざると得ないのです。

しかし、その代わりと言っては難ですが、金利が一番低いというメリットがあります。三菱東京UFJ銀行では最高金利が14.6%、三井住友銀行では14.5%ですが、みずほ銀行はこれが14%です。この最高金利は多くの場合で適用される大事な数字なので、多少サービスや利便性では劣るとしても、金利が最優先だと考える人には3行の中で一番おすすめできるカードローンだと言うことができます。