キャッシングでは本人確認と信用情報が必要

親しい友達に頼まれて、漫画本などを貸すという人は多くいます。友達だからこそ貸すのであって、見ず知らずの相手には、普通は貸すことがありません。また親しくても、汚したり紛失したりといった過去がある友達には、貸さないことが一般的です。

このように貸し借りには、信頼関係が必要となっているのです。そしてそれは、キャッシングにおいても同様です。

金融機関は、名前も住んでいる場所も分からないような人に、いきなりお金を貸すことはありません。そのためキャッシングでは、まずは運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を出すことになります。これらを提出することで、金融機関に自分のことを知ってもらうのです。

本人確認により住所氏名が明らかになれば、金融機関は次に信用情報について調べます。具体的には、キャッシングの利用履歴や、公共料金の支払い状況などです。こういった個々の信用情報は、データベース化されている上、各金融機関で共有されています。そのためそれを見れば、金銭面において信頼できる人物かどうかが、すぐにわかるのです。そして金融機関は、信頼できると判断した場合に、その度合いに応じた金額を貸し付けするのです。

このようにキャッシングでは、本人確認と信用情報とが非常に重要なのです。お金に困った時にすぐにキャッシングを利用するためには、日頃からこれらを問題のない状態にしておくことが大事です。

利用者が口コミサイトやおまとめサイトで注意することとは?

銀行カードローンおよびフリーローン、消費者金融のキャッシングローンの契約を検討する際、インターネット上の口コミを参考にする方は多いと考えます。自分が審査に通るのか、審査が通過するのかどうかを、口コミサイトや比較サイトでは利用者の申し込み条件が記載されていることもあります。

貸金業者が広告を掲載する場合、『著しく事実に相違する内容』および『実際より著しく有利であると誤認させるような内容』は掲載できないこととなっています。この点は、貸金業者だけでなく、個人サイトでも適用されるものであり、特に個人サイトで貸金業者の広告を掲載している場合にも禁止事項に該当してしまいます。

アフィリエイト広告は間接的に企業から報酬を得るものであり、事実誤認をさせることは本来あってはならないことです。そのため、自分自身が口コミ情報を記載する際は、『自己破産者でも契約可能』、『金融ブラックOK』そして実際の契約審査から手続きに対する誤った情報を記載しないように注意が必要となります。

場合によっては、自分自身が被害を被る可能性があるため、当たり障りのない情報を記載し、あくまで自分自身の感じた感想を記載することが重要です。残念ながら、誤った情報や明らかに貸金業者寄りの情報を掲載しているサイトについては、利用を避けるのがおすすめです。

初めての人は新生銀行カードローンレイクを利用した方がいい理由

カードローンを利用してお金を借りる時は金利が発生するので利息が加算されていきます。それにより初めて利用する人は金利が低く設定されている業者を選ぶのが基本となります。しかし初めての人は上限金利が18%と高く設定されている新生銀行カードローンレイクを利用した方いいと言われています。そこでなぜ初めての人は新生銀行カードローンレイクを利用した方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

・2種類の無利息サービスがある

新生銀行カードローンの最大の特徴は無利息サービスが2種類ある点です。30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類の無利息プランがあるので好きな方を選ぶ事が出来ます。対象となるのは初めて利用する人で適用されると加算される利息を大幅に減らす事が出来ます。それにより返済する時に楽になります。

・即日融資に対応している

初めて利用する時はなるべく早くお金を借りたいものですが、業者によっては審査が厳しくて遅くなってしまう事もあります。しかし新生銀行カードローンレイクは審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。申し込みをした日にお金を借りる事が出来るので初めて利用する時でも安心感があります。

初めての人は新生銀行カードローンレイクを利用した方がいい理由はこのようになっているので実際に初めて利用する時は新生銀行カードローンレイクを選ぶといいでしょう。

主婦がキャッシングを利用する時

主婦もキャッシングします!
キャッシングを検討されている方に、キャッシングの魅力をお伝えします。

初めてキャッシングをするキッカケは、仕事が終わった時、急にカード決済の出来ない居酒屋での飲み会が決まったからでした。
今ではコンビニへ行けばATMかあり、自分の銀行口座から引き出す事も可能ですが、どこにでもATMが無い時代だったので、キャッシングデビューです。

そんな時代だから「キャッシング=サラ金」という固定観念が邪魔をし、かなりの罪悪感を背負いながら飲み会に参加しました。
初めてだったんで大きな金額ではなく、次のお給料で返せる範囲の2万円

「キャッシング=サラ金」と思っていたので明細書が届くまで、不安だった事を覚えています。
ところがです。
明細書を見ると、手数料が0円!「キャッシング=サラ金」が「キャッシング=救世主」になった瞬間でした。
私が使ったカードはセゾンカードで、利用したATMはセゾンのATMだったんです。

キャッシュカードを使って他社銀行から引き出せば手数料、かかりますよね?
今になって思えばコンビニにATMが無い時代で良かったと思います。

それからは財布が厳しくなった時はキャッシング利用しています。
仲間との付き合いも出来、職場の人間関係も密になれますし。

手数料払って他社銀行からお金を引き出すより、持ってるカード、これから作られるカードの自社ATMでキャッシングをした方が無駄な手数料を支払わなくていいという事を、躊躇されてる方に声を大にして伝えたい。

キャッシングをする時に重要なのは比較です

日常生活をしていれば、お金を使う機会は多々ありますが場合によっては大きな出費をする事もあります。
ただ、自分が持っているお金以上の出費になる事もあります。

自力での工面が難しい時は、周囲にお金を借りるという方法もありますが、周囲の状況によっては借りる事が出来ない場合もあります。
そのような時に、お世話になるのがキャッシングです。

ただ、初めてキャッシングをするとなればキャッシング業者ごとのルールを知っておく必要があります。
何も知らずに借り入れてしまうと、利率や返済の面で後悔する事もあります。

そのような事にならない為には、しっかりと比較をする事が重要になります。
比較をする事によって、後々の不安は少なくなりますし、返済金額が少なくなれば個人の負担も少なくなります。

最近では、インターネットから調べる事も可能になりましたので、仕事で忙しくても24時間いつでも比較をする事が可能です。

また、インターネットであれば周囲に流されることがなく、自分のペースで比較をする事が出来ます。

判断に迷えば、インターネットでは口コミなどもありますので第三者の方の声を見る事も可能です。

その為、自分が借り入れをする所はどのような所なのかもイメージがしやすくなり、キャッシングに対する不安が減ります。

予想以上に簡単にキャッシングできました

お金の貸し借りはあまりしないようにしているのですが、どうしてもお金が必要になり消費者金融を利用しました。私フリーターなので銀行から借りるのは最初から無理だろうと思っていたので消費者金融に申し込みをしました。ネットで消費者金融ののことをいろいろと調べて消費者金融のキャッシングであればフリーターでも利用できることが判ったからです。

申し込みをした消費者金融は三井住友系列のプロミスです。ちょうど三井住友銀行の口座をアルバイト代の給与振込口座として使っていたからです。フリーターでもキャッシングの利用ができるとは言ってもそれは審査に受かったらの話です。

私は他に借金もありませんしフリーターですが毎月の給料もちゃんと貰っています。審査は大丈夫だろうと思ってはいましたがそれでも不安でした。そこでプロミスのホームページにある借入が可能か診断できるコーナーでが私でもキャッシングの利用が可能かテストしてみました。

生年月日と年収と他の借入額を記入するだけです。結果はその場ですぐに表示され私でも借り入れが可能だと判りました。これは本審査ではありませんが大丈夫らしいと思ったのでそのまま申し込みをしました。申し込みも審査に必要な身分証明書の提出もすべてネットを利用して短時間で済ますことができました。借りることにしたお金も口座に振り込んでもらえました。

予想していた以上に簡単にお金を借りられたので本当に助かったと思っています。

アコムの審査に必要な書類とは

アコムの審査では、以下のような書類が必要になります。

一つ目は、「本人であることが確認できる書類」。

これは必須の書類で、免許証・パスポートなどを指します。

これらが用意できない場合は、健康保険証+住民票・納税証明書(6ヵ月以内に発行された物)などで代用できます。

二つ目は、「収入証明書」。

これは、「50万円超の借り入れを行う」「他社からの分を合わせた借り入れ額が100万円超である」という場合に必要になります。

収入証明書に該当する物としては、給与明細・源泉徴収票などがあります。

三つ目は、「社員証」。

これは、書類で在籍確認を行う場合に必要になります。

そして、これらの必要書類の提出は、カメラアプリを使う・インターネットにアップロードする・店頭に持参する・FAXで送る・郵送するなどの方法があります。

この中で、手っ取り早いのはカメラアプリかインターネットへのアップロードなので、このどちらかがおすすめなのですが、気を付けなければならないのは、「写真の状態」です。

画質が悪かったりすると、本人かどうか確認できないので、再度提出しなければならなくなります。

もちろん、撮り直せば済む話なのですが、時間のロスには違いないので、写真の状態には注意しましょう。

楽天ローンは楽天銀行以外の口座でも利用できる

楽天は多くが知っている会社で、カードローンのサービスもやっています。

しかし、楽天がやっている以上、楽天ローンというのは楽天銀行の口座が必要なのではないか?と考えている人がいると思うのです。

楽天銀行の口座は誰でも持っているわけではないですから、そうなると困るという人もいるでしょう。

でも、楽天ローンの利用に関しては、楽天銀行の口座の有無は関係ありません。

楽天銀行を持っていると、それを返済のための口座に使えて、その際には楽天スーパーポイントが加算される特典もありますが、ない場合には別の銀行の口座でも良いのです。

だから、楽天銀行の口座を所有していないとしても、それは楽天ローンの利用を妨げる問題ではないということになります。