そもそもキャッシングってどういう意味なの?

よく周りで「キャッシングを行う」や「キャッシュカードを利用する」などといった言葉を耳にしたことがありませんでしょうか?何気なく耳にする言葉なのではないかと思いますが、キャッシングとは一体どのような意味なのでしょうか?

キャッシングは日本語訳を行うと「借り入れをする」などと言う意味があります。手元に現金を持っていなかった場合にキャッシュカードやクレジット付帯カードなどを利用し消費者金融や銀行からお金を借りることができます。とても便利なカードなのです。

しかしながら、借り入れを行うと言うことはもちろんですがしっかりと返さなければなりません。返済を行うにあたって利息がかかり借り入れた金額よりも大きな金額を返さなければならないこともありますので、万が一キャッシングを行うと言う際には注意をしなければなりません。

キャッシングの借り換えタイミングはいつがベストなの?

キャッシングは借入している期間が長くなればなるほど金利の負担が大きくなってしまいます。ですので借り換えタイミングを逸することが無いよう注意するべきです。最も借り換えタイミングを意識するときは、キャッシング業者の2社目の申込みをしようかと検討したときです。

返済が2社に渡って行われることで、最初の1社目の返済期間はさらに長くなり、やがては返済すること自体が厳しくなることになりかねません。したがって、2社目を検討するタイミングで借り換えを考えましょう。上手な方法として、現在大手のキャッシング業者では初めての借入に限り無利息キャンペーンを展開しております。借り換えをすることで、1社を完済し利息負担を軽減。新たにキャッシングした業者は無利息期間がありますから、かなりの利息軽減につながることでしょう。今こそあなたも借り換えタイミングかもしれませんので、ぜひ検討してみてください。

自動契約機によるキャッシングの利用の利便性

消費者金融会社のキャッシングを利用する場合、インターネットを利用したWeb申込みが多くの消費者金融会社で薦められています。しかし、インターネットが利用出来る環境が無い場合には他の申込み方法を利用する必要性があります。そこで、Web申込みと同じくらい使われているのが自動契約機を使った申込みです。自動契約機であれば、繁華街や駅周辺などに設置されていますので、いつでも申込みが出来ます。

申込みがし易い事で審査結果を待って、審査を通過すれば、その場で契約をして融資に必要なカードの受け取りを行えます。このように、自動契約機による申込みから融資の利用、返済のし易さがキャッシングの利便性を高めてくれます。近年では、タッチパネル操作になっていますので、端末の指示通りに操作をすれば、申込書の作成と必要な書類の提出を効率的に行なえます。

利用者が口コミサイトやおまとめサイトで注意することとは?

銀行カードローンおよびフリーローン、消費者金融のキャッシングローンの契約を検討する際、インターネット上の口コミを参考にする方は多いと考えます。自分が審査に通るのか、審査が通過するのかどうかを、口コミサイトや比較サイトでは利用者の申し込み条件が記載されていることもあります。

貸金業者が広告を掲載する場合、『著しく事実に相違する内容』および『実際より著しく有利であると誤認させるような内容』は掲載できないこととなっています。この点は、貸金業者だけでなく、個人サイトでも適用されるものであり、特に個人サイトで貸金業者の広告を掲載している場合にも禁止事項に該当してしまいます。

アフィリエイト広告は間接的に企業から報酬を得るものであり、事実誤認をさせることは本来あってはならないことです。そのため、自分自身が口コミ情報を記載する際は、『自己破産者でも契約可能』、『金融ブラックOK』そして実際の契約審査から手続きに対する誤った情報を記載しないように注意が必要となります。

場合によっては、自分自身が被害を被る可能性があるため、当たり障りのない情報を記載し、あくまで自分自身の感じた感想を記載することが重要です。残念ながら、誤った情報や明らかに貸金業者寄りの情報を掲載しているサイトについては、利用を避けるのがおすすめです。

アコムの審査に必要な書類とは

アコムの審査では、以下のような書類が必要になります。

一つ目は、「本人であることが確認できる書類」。

これは必須の書類で、免許証・パスポートなどを指します。

これらが用意できない場合は、健康保険証+住民票・納税証明書(6ヵ月以内に発行された物)などで代用できます。

二つ目は、「収入証明書」。

これは、「50万円超の借り入れを行う」「他社からの分を合わせた借り入れ額が100万円超である」という場合に必要になります。

収入証明書に該当する物としては、給与明細・源泉徴収票などがあります。

三つ目は、「社員証」。

これは、書類で在籍確認を行う場合に必要になります。

そして、これらの必要書類の提出は、カメラアプリを使う・インターネットにアップロードする・店頭に持参する・FAXで送る・郵送するなどの方法があります。

この中で、手っ取り早いのはカメラアプリかインターネットへのアップロードなので、このどちらかがおすすめなのですが、気を付けなければならないのは、「写真の状態」です。

画質が悪かったりすると、本人かどうか確認できないので、再度提出しなければならなくなります。

もちろん、撮り直せば済む話なのですが、時間のロスには違いないので、写真の状態には注意しましょう。

楽天ローンは楽天銀行以外の口座でも利用できる

楽天は多くが知っている会社で、カードローンのサービスもやっています。

しかし、楽天がやっている以上、楽天ローンというのは楽天銀行の口座が必要なのではないか?と考えている人がいると思うのです。

楽天銀行の口座は誰でも持っているわけではないですから、そうなると困るという人もいるでしょう。

でも、楽天ローンの利用に関しては、楽天銀行の口座の有無は関係ありません。

楽天銀行を持っていると、それを返済のための口座に使えて、その際には楽天スーパーポイントが加算される特典もありますが、ない場合には別の銀行の口座でも良いのです。

だから、楽天銀行の口座を所有していないとしても、それは楽天ローンの利用を妨げる問題ではないということになります。

初めての方はカードローンを無利息で借りよう!

これまでに消費者金融や銀行からカードローンをしたことがない方必見です。ある消費者金融で無利息でカードローンが行えるキャンペーンを実施していることをご存知でしょうか?とある消費者金融では2種類のキャンペーンを行っており最大で30日間、50万円までのカードローンを無利息で行うことができるか、最大で90日間、5万円までのカードローンを無利息で行うことができるかと言うキャンペーンがあります。

初めてカードローンを行う方は少しばかりは不安や心配があるのではないかと思いますから、このような機会を利用してぜひカードローンを行うと良いでしょう。少しでも自分の負担なくカードローンを行うためにも、ぜひ初めての方はこのような消費者金融からカードローンを行ってみましょう。

おまとめローンを使うときは必ずまとめること

複数社から借り入れされてる方が1社にまとめるためにおまとめローンを申し込むことがありますが、必ずまとめたことが証明できる振込み用紙などが必要になります。貸す側としてもおまとめ用途以外で使用されると貸したお金が返済できるか不安になります。

おまとめにするために新たにカードを作ったのにそのカードで返済した以前のカードをさらに使用してしまうと結局借り入れが増える結果になってしまうので本末転倒です。救済措置ということを絶対に忘れないようにすることを肝に銘じていればおまとめローンをうまく活用して少しでも利息を減らすことが出来完済することが出来る助かる措置かと思います。複数社からの借り入れがある方は一度検討してみて上手に利用してみてはいかがでしょうか。