キャッシングは本人確認が絶対に必要なので注意

キャッシングを希望している方は、本人確認を実施しているので本人確認を行える書類を準備しなくてはいけません。運転免許証の他にパスポートや健康保険証など色んな書類を本人確認として使用することができます。その人によってどのような本人確認書類が提出しやすいのか異なっています。

どれを選択しても審査に悪い影響を与えないので、安心してもらいたいです。ただし本人確認書類を提出することができない方は、残念ながら本人として認めてもらうことができないです。その結果、本人ではないと判断されてしまい、申込を断られてしまうので注意です。キャッシングの申込をする方は、しっかりと本人確認の書類を準備してから申込することが大切です。

銀行ローンと消費者金融のキャッシングはどちらが審査が緩い?

銀行ローンと消費者金融のキャッシングで迷われている方は、銀行VS消費者金融という2つで比較すると、銀行はやはり堅いイメージがあるので、銀行の方が審査が厳しい、融資してくれなさそう、そんなイメージがあるかもしれません。実は、正解はその反対なんです。

実際的には消費者金融で審査が通らなかったけれど、銀行ローンなら通ったとかいうことが多いのです。そして、特に女性は特に銀行ローンがおすすめです。主婦の方やアルバイトの方、派遣社員の方など、その方の仕事形態にあまりこだわらず審査をパスできるのが銀行なのです。

その理由としては、銀行は信用を大切にするので、例えば過去に悪い履歴がないとか、家族がきちんとしていればそれで通ってしまうことがほとんどです。そのため、初めての方は銀行ローンがおすすめです。

消費者金融の審査は正直に答えることが大切

消費者金融のキャッシングを利用するためには、審査に通る必要があります。ただ、年収が低い人や非正規雇用で働いている人などは、この条件で審査に通るのか不安を感じてしまうこともあるでしょう。たしかに、年収が高く正規雇用で働いている方が審査に通る可能性が高くなりますが、申込みをする時には正直に申告することが大切です。

消費者金融側が虚偽の申告に気づかなければ、そのまま審査に通る可能性もあるでしょう。しかし、虚偽の申告をしていることが分かれば、その時点で信用がなくなります。すると、審査落ちの原因となってしまいます。後日、虚偽の申告であると分かった場合も、様々なペナルティが課せられる可能性があるため、消費者金融の申込みは正直に行うことが大切です。

消費者金融の審査と信用情報に記載された事故情報

消費者金融の審査を受ける前に、確認しておきたいのが信用情報です。これまでに消費者金融を利用したことがないという人でも、クレジットカードの支払いや奨学金の返済などの延滞があれば、審査に落ちる原因となってしまいます。それ以外に、携帯電話やスマートフォンの割賦の支払いに問題がある場合なども、審査落ちの原因となります。

こうした信用情報に記載された事故情報は、半永久的に残る訳ではありません。延滞があっても、その後に問題なく返済や支払いを続けていれば、1年から5年程度で事故情報は消えていくことになります。実際に、自己情報が消えているかどうかは、開示請求を行うことで確認をすることが可能です。キャッシングの審査の前には、過去に支払や返済の遅れがなかったかを振り返っておくことがおすすめです。

自動契約機でキャッシングの申込手続きをする時に提出する身分証明書はどれがいい?

消費者金融の自動契約機でキャッシングの申込手続きをする時に身分証明書を提出しなければいけません。身分証明書は運転免許証、健康保険証、パスポートなどが適用されますが、どれを提出すればいいのか悩んでしまう人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の自動契約機でキャッシングの申込手続きをする時に提出する身分証明書はどれがいいのか見ていく事にしましょう。

消費者金融の自動契約機でキャッシングの申込手続きをする時に提出する身分証明書は運転免許証がオススメです。運転免許証は身分証明の役割も果たしますが、車を運転する事が出来る人と証明する事が出来るので地位が高い人と判断されやすいです。それで審査で有利になる事が多いので運転免許証を身分証明書として提出するといいでしょう。

消費者金融で収入証明書不要で契約するためには

アコムやプロミス、アイフルなどの大手消費者金融のカードローンは一定の条件を満たして契約申込みを行うことで収入証明書の提出が不要で契約ができるので、急いで契約したい場合や収入証明書の入手が難しい場合などに便利です。収入証明書の提出を不要として契約するための具体的な条件についてみていきましょう。

アコムやプロミス、アイフルではいずれの会社でも、

1.利用限度額を50万円までとして申込みを行うこと

2.他社債務の金額と申込み時の利用限度額の合計額が100万円を超えていないこと

この2点の条件を満たして無担保型カードローンの申込みを行うことで、収入証明書の提出は省略して契約が可能となっています。ただし運転免許証などの本人確認書類は提出が必須なのでしっかり用意しておきましょう。

増額申込みの審査に通る条件は?

カードローンなどでキャッシングをする場合、個人に与えられた限度額までしか借り入れをする事が出来ません。限度額は、金融業者の独自の審査により枠が決められるものです。

しかし、この限度額は永遠に初回の申し込み審査の際に決められた金額のままという訳ではありません。
後から増額申込みをする事も可能なのです。

しかし、残念ながら増額申込みをすれば必ず希望の限度額までアップしてもらえるという訳ではありません。
増額申込みが認められる条件は何なのでしょうか?

金融業者によりこの条件は異なり、また詳細は明らかにされていません。
しかし、増額申込みが認められるには、以下のポイントが重要になってくると言われています。

まずは、返済が滞っていない事は必須条件です。
また初回申込みをしてカードを作ってから、少なくとも数ヶ月は信用を積み重ねる事も大切です。

例えばカード申込みをしてから1ヶ月も経たない内に増額申込みをしても、審査に通らない事が多いでしょう。
地道にキャッシングを利用して返済をしていく事が確実な方法となります。

年収のアップも増額申込みには有利について働くものの、上記の2点の方がずっと重要なポイントなります。
いくら年収があがっても、返済をいつも延滞しているようでは、かなりの確率で審査に通らないと言えます。

また、金融業者の方から増額可能のお知らせがくる事もあるので、こうした通知があった後で増額申込みをすれば、ほぼ確実に限度額をアップする事が出来るでしょう。

キャッシングでは本人確認と信用情報が必要

親しい友達に頼まれて、漫画本などを貸すという人は多くいます。友達だからこそ貸すのであって、見ず知らずの相手には、普通は貸すことがありません。また親しくても、汚したり紛失したりといった過去がある友達には、貸さないことが一般的です。

このように貸し借りには、信頼関係が必要となっているのです。そしてそれは、キャッシングにおいても同様です。

金融機関は、名前も住んでいる場所も分からないような人に、いきなりお金を貸すことはありません。そのためキャッシングでは、まずは運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を出すことになります。これらを提出することで、金融機関に自分のことを知ってもらうのです。

本人確認により住所氏名が明らかになれば、金融機関は次に信用情報について調べます。具体的には、キャッシングの利用履歴や、公共料金の支払い状況などです。こういった個々の信用情報は、データベース化されている上、各金融機関で共有されています。そのためそれを見れば、金銭面において信頼できる人物かどうかが、すぐにわかるのです。そして金融機関は、信頼できると判断した場合に、その度合いに応じた金額を貸し付けするのです。

このようにキャッシングでは、本人確認と信用情報とが非常に重要なのです。お金に困った時にすぐにキャッシングを利用するためには、日頃からこれらを問題のない状態にしておくことが大事です。