月の固定費の削減①通信費

節約する上で大切な事は毎月必ずかかってくる固定費を削減する事です。放っておけば毎月変わらず同じ金額の請求が来るだけです。今回は通信費についての節約方法です。ここでいう通信費は携帯料金とWi-fi環境、固定電話があれば固定電話を含めます。

特に効果が大きいのは携帯料金です。テレビを見ていれば三回に一回くらいは携帯の事業者のコマーシャルを見かけると思います。ただ自分には関係ないとストーリーだけなんとなく見て中身までは詳しく見ていない人も多いのではないでしょうか。

学割、0円、〇〇放題などなんとなく安そうだなと思いながら思うだけになってしまっているかと思います。そんな方はまずは自分が契約しているスマホを持って、契約している事業主と異なる携帯ショップに行ってみましょう。そして伝える事は一つだけ、今よりも携帯代を安くしたい、あとはお店の人が色々と教えてくれます。

私の体験談で話すともともとauのiPhoneを使っていました。今よりも割引が少なく月々一台で7000円くらい支払っていました。ただネットもめちゃくちゃ使わないし、家にはWi-fiがあるからという事でワイモバイルに乗り換えたらオプション込みで3500円くらいになりました。約半額です。

それ以降同じやり方で格安の携帯会社を転々として通信費を節約しています。通信費を抑えたいと思ったらすぐに行動してみましょう。

貯金が苦手なあなたにおススメしたい積立定期預金

月にいくらと決めて貯金ができている方、素晴らしいと思いますそのまま頑張ってほしいです!しかし、今回は貯金がもうできている人では無く、毎月貯金しようと決意しても続かない人に向けておススメしたい貯金方法をご紹介したいと思います。貯金ができない人の最大の特徴は、ある分だけ使ってしまう事だと思います。

私も、お給料が入る前には今月こそは貯金して…なんて考えても、実際にお給料が入れば口座にある分だけ使ってしまうので気持ちはとてもよく分かります。だからこそ、そんなあなたにおススメしたいのが定期預金です。積立定期預金とは、口座振替によって積立を行う預金となります。

預けてから一定期間は引き出せない預金で、毎月の預金金額、満期日を自分で設定することができます。積立定期預金のメリットとしては、自分が設定した引き落とし日に設定金額を自動的に積立口座に振り替えしてくれる事です。この積立預金の何がいいのかというと、メイン口座からは定期預金のお金を引き下ろすことが出来ず、積立預金のお金を下ろすには、窓口で取引しなければならない事です。

つまり、積立預金のお金を下すには手間がかかるのです。例えば毎月25日に20万円入るお給料の中から1万円定期預金に預けたとします。そうすると、簡単に下すことができない積立預金のお金は無いものとして19万円で生活費をやりくりしようという気が起こりませんか?それを1年続けたら12万円、5年で60万円、10年で120万円です。どうでしょうか?

貯金が苦手なあなたは、そもそも口座を分けるという事をされていないのではないでしょうか?1つの口座で貯金も管理しようとすると、貯金額が増えてきたときに、こんなにお金があるなら少し使ってもいいかという気持ちになってしまうのが人間の心理というものです。

しかし、口座に自分で毎月振り返るというのも手間がかかりますよね。積立定期預金は一度銀行の窓口で手続きすれば毎月自動的にお金を振り替えてくれます。また同じ銀行内に積立用の口座を作る為キャッシュカードも不要です。一度の手続きだけで貯金が気づいたら貯金できるようになっています。

ちなみに、私はこの積立預金で高校生ながら3年間で30万円貯めることができました!貯金が苦手な人に程この積立定期預金をぜひおススメしたいと思います。あなたも貯金、始めてみませんか?

余裕があるならプチ投資

お金を着実に貯めるには貯蓄が一番確実な方法ではありますが、少し余裕があるならプチ投資がオススメです。

我が家では2つのプチ投資をしています。

一つ目は夫が勤めている会社の持株会でプチ投資をする方法です。

月々決まった金額を投資していくのですが、持株会で投資するとお得な金額で投資ができます。

投資額も月々1万円ほどでOK!もっと少額でも多額でも大丈夫ですのでご家庭に合った金額を投資することができます。

(企業によって内容が違いますのでお調べください)

株価の変動がありますので株の価値が下がることもありますが、長期的にみれば株価は上がる時期も来ます。銀行の利率が低い今、少し余裕があればプチ投資でお金を増やしてみることもオススメです。

2つ目は楽天クレジットカードで貯めたポイントでプチ投資する方法です。

楽天クレジットカードに入会し楽天証券に入ることが条件にはなりますが、こちらはポイントで投資できるのでとても気軽にプチ投資ができます。

投資が初めての私でもゲーム感覚で楽しく投資を理解することができました。

私は1日100ポイントを毎日投資する積立NISAを利用しています。

とても少額ですので極プチ投資ではありますがポイントで無駄なく現金を増やせるのでオススメです。

お金は、正しい情報で守りたい。

突然に、新しい、前例の無い投資話は、危ないので、常に多くの成功者の情報を参考にして、轍を踏まなければ、成功は望めないでしょう。楽して大金が手に入れられることは、他人だったら先ず他者に教えず、情報を独占するだろう。

ここは、働きアリの様に、汗を流してコツコツ貯金をして、亀の様にゆっくりでも少しずつでもいいから、貯蓄を楽しんでは如何と思います。リスク変動の激しい投資商品を避けて、大人しめのリスクの小さい投資商品ならば、損害も小さいし、一般のギャンブルは、遊ぶのを避けた方が当然良いでしょう。

何にも勝る貯蓄の方法は、労働です。また、健全な労働は、健全な思考を産み、自身の欲望を抑制して、消費も身の丈に合ったレベルに合わせれば、貯蓄も成功します。冒険は、失敗すれば身の破滅と心した方が良いでしょう。正しい平和な世の中では、冒険は忌避しなければ、ろくな目に会いません。ですから、世の様々なトラブルの原因は、己の未熟さや油断にも起因します。

邪魔な間違った情報には背を向けて、正しい情報と正しい選択のみから、成功は掴めます。人生は長いのですから、成功を掴む為に、視野を狭めず、信念のみでは突き進まず、慎重に暮らしましょう。

株、始めました。

専業主婦で夫の稼ぎしか収入がない我が家。でも家もほしいし子供の将来も心配。そんな私が始めた節約、貯蓄でよかった方法を紹介します。

まず一つ目は保険の見直し。独身時代にそれぞれ勧められた保険に入ったままになっていたのでそれを整理しました。といっても素人が膨大な保険会社を吟味するなんて不可能ですよね。我が家はほけんの窓口に相談しました。農協の保険とか正直、我が家にはデメリットしかなかった。ほけんの窓口では素人がわかりやすいように説明してもらえましたよ。附属の保険で子供の分まで入れてかなりすっきりしました。

もう一つは財産を銀行から半分、株の証券会社にうつすこと。株とか投資とか怖い、とマイナスイメージしかなかったのですがネットの基本知識だけで簡単に安全に始められました。銀行に預けたままだったら年、数十円にしかならなかった我が家のわずかな財産が…なんと年の配当金だけで五万円ももうかるようになりましたよ。株にまわすお金はあくまでも使っていない浮遊財産でやること。中長期的に保有しているほうがかなりメリットがあります。

子供に手がかからなくなるまでは働けないのでこういう地道な努力や工夫で少しでも節約できるといいですよね。

節約するために最も大切なこと

私は、お金を貯めるためにある時節約を始めました。お金を貯蓄するために見直すべき点は、趣味やレジャー代を抑えることです。趣味やレジャーをするのはとてもリフレッシュなっていいですが、楽しすぎてつい浪費が激しくなるところがありますので、趣味代やレジャーに使うお金を予め決めておくと、無駄に浪費せずに済むと思います。

衣服類は、流行がありますが、流行の波にのって買うばっかりしていると、浪費が激しくなるので、衣服類は流行に左右されずに、長く着れる可能性のあるベーシックなアイテムだけを購入するようにしていくと、何を着るかで迷わずに済むし、無駄使いを防ぐことができます。

これは衣服類だけでなく、全ての品物やサービスに言えることですが、雑誌やSNSのようなメディアは人に購入させるように上手に宣伝していきますので、いちいちそれに左右されていると、お金の無駄使いに繋がるので、きちんとよく考えて品物やサービスを買うことが節約するうえで最も大切なことだといえると思います。

あとは、要らないものは、出来るだけリサイクルショップで売ってお金にするのもいいです。片付けていると要らないものが出てきますので、売ると意外とお金になります。

ミニマリスト的思考?モノを溜め込まない節約術

私はいつも、「物を溜め込まないようにする」ことで、節約をしています。

最近、「ミニマリスト」や「シンプリスト」といった言葉が巷でよく使われますが、私の考え方はこれらとよく似ています。

具体的には、部屋に物を溜め込まないようにするために、定期的に必要なものと必要でないものを分けて、必要でないものはその日のうちに捨てるようにしています。これによって、部屋が片付き、スッキリとした空間になります。どこに何があるのかがすぐわかるようになるので、「既に持っているものをまた買ってしまう」といったことも減り、節約に繋がります。

また、必要なもの・大切なものだけがある状態で暮らすことになるので、自ずと物を大切に使うようになります。これによって、物の買い替えの時期を延長することができ、結果として節約に繋がります。

この時に注意しておきたい点は、「ものを捨てること自体は重要ではない」ということです。ものを捨てることにこだわり過ぎて、必要なものまで捨ててしまうと意味がないですし、逆に出費が増えてしまいまう場合もあります。何より、生活が不便になってしまいます。

大事なことは、不要なものを捨てることによって、「部屋と頭の中を整理する」ことです。整理整頓された空間をつくり無駄を省いていくことが、節約の第一歩だと考えます。

ときめかない物はメルカリとブックオフへ

最近こんまりこと近藤麻理恵さんがアメリカで大人気だという話しがよく話題になっています。

彼女は「人生がときめく片づけの魔法」という著書で日本のみならず海外でもヒットを飛ばし、現在はネットフリックスで「KonMari?人生がときめく片づけの魔法~」という番組を配信しており不動の地位を築きました。

彼女を見習ってときめかない物を捨てても良いのですが、日本ではメルカリという便利なフリーマーケットアプリがあるのでそれでいらない物を処分したらお金が入るのでそれを貯金しましょう。

しかし、メルカリで不要品を売って整理する方法には大きな欠点があり、それは売れない物は永遠に部屋に残ってしまうということです。

そうなると片付かないわお金は入らないわで損なので、どんな本でもまとめて引き取ってくれるブックオフの買い取りサービスを利用したら良いでしょう。

お店にそのまま持ち込むのも良いですが宅配買い取りというサービスもあるのでお店に行かなくても箱詰めにして送り、それで計算してお金を振り込んでもらうこともできます。

さらに出張買取センターという家に来て買い取りしてくれるサービスもあるのですが、これはかなり利用できる地域が限定されているので誰でも利用できるものではありません。

メルカリとブックオフを使って本などを売って広々としたスペースとお金を手に入れましょう。