モビットのメリットとデメリット

モビットは三井住友フィナンシャルグループということで、銀行系と表現されることが多いですが、もちろん消費者金融には代わりありません。ですので、銀行のカードローンとは全く違うと考えておきましょう。

モビットのメリットは何と言ってもある条件のもとに在籍確認の電話が会社にかかってこないということになります。その条件とは会社の発行する社会保険証をモビットが確認することです。社会保険証を確認することによって在籍確認の代わりにするということですが、他の在籍確認の電話がないという金融機関はないようですので、在籍確認の電話が会社にかかってくるのがどうしても嫌だという人にとってはモビットの利用を考えればいいでしょう。

モビットのデメリットは比較的金利が高めになっているということです。短期間の利用では金利ではあまり大きな差が出ませんが、返済が長期に渡る場合には金利の高いモビットは不利になります。モビットの場合は上限金利が18%となっていますから、10万円から100万円まで法律決めらている最高金利が適用されるということを意味しています。これは他の消費者金融と比べても安くないので、在籍確認の電話はあまり気にしないという人にはモビットのメリットは小さくなるかもしれません。

カードローンの無利息キャンペーンは積極的に利用しよう

カードローンの申し込み先を調べていると、大手消費者金融を中心として初回限定30日間無利息キャンペーンを実施している会社が多いことに気が付くでしょう。広告キャンペーンとして長期間行っている消費者金融が多いのは、最小限の経費で広告効果が大きいからです。同じ広告媒体に出す広告であっても、実際に審査通過した人のみ30日間無利息にするだけですから、契約に結びついた分のみ特典適用を行えば良いでしょう。

貸金業者が行なう広告には、契約成立前に特典が受けられてしまうと、広告費に対して成果が著しく減少しかねません。実際の特典については、無利息期間の計算方法が各金融業者により異なるので、契約成立日の翌日から30日無利息となる場合もあれば、初回借入日を起算日として無利息キャンペーン適用開始とするケースがあります。カードローンの審査を通過させておき、後から実際の借入を行なうのであれば、初回借入日から30日間無利息キャンペーンとしている金融業者がお得です。金利ばかりに目が行がちですが、利用規約を細かく確認することで、特典内容についても最大限に活用可能となるでしょう。金融業者の中には、7日間無利息キャンペーンを繰り返し条件を満たせば利用できる会社もあるので、無利息キャンペーン内容を比べて積極的に利用するとお得です。

カードローンの申し込みは簡単です

遊ぶお金がないからという理由でお金を借りるのはあまり感心しませんが、誰にでもどうしてもお金が必要な場合があります。そんな時は遠慮なくカードローンを利用すればいいのです。

最近カードローンの申し込みは非常に簡単です。運転免許証か各種保険証があれば事足ります。中小の貸金業者では収入を証明する書類(源泉徴収票や給与明細など)の提出がほぼ不可欠ですが、大手金融機関なら50万円を超える場合のみ必要となります。なお銀行カードローンでは300万円くらいまで、収入証明書の提出が不要な銀行もあるのです。

申し込み時に一番気になることは、内緒で借りられるかということです。まず家族にカードローン利用がばれるケースは、ローンカードやカードローン会社からの郵便物が見つかることです。最近ローンカードを発行しないで振込みにてキャッシングできる金融機関や、銀行のキャッシュカードをローンカードとして利用できる金融機関もあります。また自動契約機のある金融機関では、カードと契約書類を自動契約機で受け取れば、自宅への郵便物が届かなくなります。

あとほとんどの金融機関で、職場への在籍確認の電話連絡があります。職場の同僚に借金がばれるかもと心配される方もいらっしゃるかと思いますが、心配無用です。例えば「アコムですが、○○さんいらっしゃいますか?」などと電話をかけることはなく、たいていは個人名か銀行名でかけます。銀行からならクレジットカードに申し込んだなどとごまかせば大丈夫です。それでも心配な方は、モビットなど在籍確認がない金融機関を利用すればいいのです。

このようにカードローンは内緒で申し込めるので、どうしてもお金が必要な場合は遠慮なく利用すればいいのです。

消費者金融とキャッシング審査のポイントについて

現在ではお金が足りない時にはキャッシングしてその場をしのぐと言う方が多くなります。これは一昔前よりも消費者金融にはクリーンなイメージがある事が理由になりますし、様々な形でキャンペーンなどが行われているので借りた側のメリットも大きくなっています。

しかしそれでもキャッシングに不安を感じている方は多く、特にキャッシングの審査基準が分からないと言う不安を抱えている方は大勢いらっしゃいます。ただ、基本的に消費者金融でのキャッシングは成人していて安定した収入があれば誰でも利用できるようになっています。

したがってそれほど不安を感じる必要はないのですが、気をつけておいた方が良いポイントもあります。それはキャッシングの条件の一つでもある安定した収入の事で、申し込み人にとっては収入になっていても消費者金融側は収入とみなさないケースがあります。

この場合は主に仕送りで生活している学生が該当していて、仮に毎月安定して10万円の仕送りを受けていてもそれが収入とはみなされない事があります。そうなってしまうと審査に通過できない可能性が高くなってしまいますので、できればアルバイトなどをしてキチンと収入を得ておいた方が審査に通過できる可能性は高くなります。

消費者金融が提案する計画返済!銀行カードローンに当て嵌めるとメリットが大きい!

キャッシングといった消費性ローンについては、銀行よりも消費者金融や信販会社、そしてクレジットカード会社の方が得意とする分野であり、実績も高くなっています。特に貸金業法の改正などにより、消費者金融自体は返済の計画性も重視するようになりました。特に最長返済期間は80ヶ月や30万円以下の借り入れでは返済シュミレーションの上限期間が36ヶ月といった現実的な期間になっています。一方、銀行カードローンの場合は最長期間が10年(120回の返済)または8年(96回返済)、融資対象年齢までが最長期間になるなど計画的に借り入れ及び返済をしなければ、総返済額が高額化する可能性が高くなっています。特に利用上限の年齢が満70歳かつ1年毎の自動更新といった場合には注意が必要になります。

しかし、銀行カードローンでも消費者金融が持つノウハウを利用することで、現実的な返済計画や総返済額の圧縮をすることが可能になります。返済期間の長期化を避けたいという場合、大手消費者金融が提供する返済シュミレーションを利用することがおススメになります。銀行カードローンは金利が低いため、消費者金融のカードローンと比べても毎月の返済に於ける元本への充当率も高くなるため、総返済額が少なくなるだけでなく、実質的には早期返済も可能になります。

アイフルのSuLaLiと目的ローンについて

大手消費者金融のアイフルでは、女性でも利用しやすいSuLaLiという商品や目的ローンといった商品の取り扱いがあります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

<SuLaLiについて>

SuLaLiは女性向けに設計されたカードローン商品であり、初めてカードローン契約をしようと考えている女性でも利用しやすい商品設計となっています。

カードローン用のカードとは思えないようなオシャレなデザインのカードとなっていますし、専用ダイヤルから申し込みができる上に、来店不要で契約を完了させることができます。

SuLaLiの実質年利は18.0%であり、融資限度額は最高で10万円までとなっています。またSuLaLiはキャッシングローンと同様に、初めて利用者を対象として30日間の無利息キャッシングサービスを実施しています。

<目的別ローンについて>

借り入れをしようとしている時点で、すでに借りたお金の使いみちが決まっているという人におすすめのローンとなります。実質年利は9.8%?17.0%となっており、融資限度額は最高で100万円までとなっています。

なお目的別ローンの種類ですが、結婚資金に充てることができるブライダルローンや旅行の際に利用できるトラベルローン、自動車の購入資金として利用できるカーライフローンなどの種類の取扱いがあります。

アコムを利用する時に注意したいデメリット

大手の消費者金融で経営実績があって老舗と言えばアコムが挙げられます。アコムはプロミスと同様に最短1時間融資を宣伝していて融資スピードが優れた消費者金融です。しかしアコムを利用する時にデメリットになってしまう点もあるので注意しなければいけません。そこでアコムを利用する時に注意したいデメリットを確認していきましょう。

・上限金利の設定が高い

銀行カードローンの上限金利は14.5%前後で設定されていますが、アコムは消費者金融なので上限金利は18%で設定されています。かなり高い設定になっているので借り入れした時に加算される利息も多くなってしまいます。アコムを利用する時は借り過ぎや長期間の返済をしないようにしてなるべく加算される利息を少なくしていく事が大切になってきます。

・借り換えに向かない

アコムは通常のキャッシングの他に借り換え専用ローンも用意されていますが、上限金利に設定が通常のキャッシングと同じで18%になっています。高金利だとあまり借り換えをする意味もなくなってしまうのでアコムは借り換えには向かない消費者金融だという事をしっかり頭に入れておく必要があります。また複数の消費者金融からの借り入れを一つにまとめるおまとめにも向かないので注意しましょう。

急に現金が必要になった!でも、銀行や消費者金融から融資を受けられない場合は?

日常生活を送る中で、突発的に現金が必要になるというケースは必ずあります。その際、銀行や消費者金融といった金融機関から無担保または不動産担保で融資を受けることが一番先に思い浮かびます。しかし、与信状況が思わしくない場合や不動産がない場合において、現金が必要でも借りれないという事態に直面する可能性があります。消費者金融のキャッシング契約に於いては、申込者の約4割ほどの審査通過率という実態があります。このような場合、公的支援による融資を受けるという手段があるものの、条件が厳しいことや審査に時間が掛かるなど問題があります。

もし、キャッシング契約が難しいといった場合でも、生命保険を担保にすることで必要な現金を確保することが可能です。この方法は、契約者貸付制度と言われ、生命保険の解約返戻金の7~9割の現金を借り入れすることが出来ます。銀行に預金が無くても、20代から万が一に備えて生命保険に加入している場合、解約返戻金が高額になるケースもあるため、金融機関の審査に不安を抱えてる方は、この制度を有効に活用するのが得策です。特に生命保険は金融資産となるため、立派な財産となり得ます。過去に債務整理の事実があったとしても、しっかりと手元に残る資産となるため、現金調達の方法として準備しておくことをおすすめします。