キャッシングの利息を減らすには

キャッシングを行う際、少しでも利息を減らして返済を楽にしたいというのが本音ですよね。

ですので、どうしたら利息を減らすことが出来るのかを見ていきたいと思います。

まず、多くの方は利息を減らすためには、金利を下げればいいとお考えなのではないでしょうか。

例えば低金利のローンに乗り換え、返済額を減らすことも確かに手段の一つです。

しかし、それだけでは利息が減るとは一概に言えません。

また逆に金利が増えてしまう場合もあり、そうなったら元も子もありませんよね。

さて、では利息を減らす最も有効的な手段についてお話します。

先ほども述べたとおり金利も大事な事のですが、最終的には繰り上げ返済をすることが最も大事になってきます。

繰り上げ返済とは、利息の支払いと元金の返済にあてることを言います。

月々の返済額から利息を引いたが元金の返済にあてられます。

ですので、月々の返済額を上げることで、上げた分だけ多く元金の返済に回すことができるのです。

そうなれば元金が早く減りますよね。

元金が早く減ることによって、それだけ完済も早まり利息を節約できるという仕組みなのです。

以上にように利息を減らすには、月々の返済額を上げて、繰り上げ返済をすることが最も有効的な手段と言えるでしょう。

審査がスピーディーに終わり即日融資をしてくれる業者

消費者金融会社や銀行カードローンなど、様々な貸金業者がキャッシングサービスを行っていますが、申し込みをしてから実際にお金が手元に届くまでの時間というのはそれぞれ異なります。すぐにでもお金を使うあてがあるので、出来るだけ早い段階でお金が必要…という場合には、審査がスピーディーに行われる業者を選ぶことが大切です。

たとえば、大手の消費者金融会社の場合、申し込みをしてから最短数十分で審査が終わり、その日の内にお金を借り入れすることが出来る即日融資を行っている所も多々あるので頼りになります。

それぞれの業者によって審査内容には基準が設けられているのですが、銀行カードローンの方が消費者金融よりも審査が細かく行われる傾向にあるため、厳しいと言われています。そのため、審査に通るかどうか分からないという不安を感じている人の場合には、消費者金融会社に申し込みをした方が可能性は広がります。

ただし、銀行カードローンはじっくりと長い時間をかけて審査を行うため、借り入れまでに必ずしも時間がかかるというわけではありません。スピーディーに審査をしてくれて、即日融資も可能な銀行カードローンもあります。ですので、まずは審査時間についてチェックしてその中で自分自身に合った貸金業者を選ぶと良いでしょう。

アルバイトではキャッシングを利用できないのか

キャッシングについて調べてみると、アルバイトの収入では安定した収入には当たらないのでキャッシングに審査に通りにくい傾向がある、となっていることをよく見かけます。確かにキャッシングの申込み条件には「20歳以上で安定した収入のある」人ということになっています。この「安定した収入」にアルバイトの収入が該当するかどうかがキャッシングの審査に通るかという分かれ目になっています。

もちろんですが、日雇いバイトなどではとうてい安定した収入に該当しないのはわかりますが、アルバイトの収入が少ないことは必ずしも安定した収入に該当しないわけではありません。キャッシングの利用限度額が少なく設定されることになることが多いですが、キャッシングの審査には通ることが多いです。

毎月のアルバイトの収入が少なくても、安定して収入があることは安定した収入に該当すると判断されるわけです。しかし、毎月のアルバイトの収入が安定していても、他の金融機関に複数の借入がある場合や、ブラックリストに記載されるような金融事故の履歴がある場合は審査に通ることが難しいことはアルバイトも同じです。

ただ、アルバイトは収入がそれほど多くないことがほとんどですので、利用限度額は少なくなることだけは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。