カードローンというのはとても便利です

カードローンというのは、色々とメリットがあるのでしっかりと利用できるようにしておくとよいでしょう。
具体的にいいますとこれはなんといってもお金を借りることができるからです。
そして、これは特に使用目的が決まっていないのです。
目的ローンではないので好きなように使って良いことになっています。
もちろん、一部、使ってはいけない使用目的がありますから、それはよくよく理解しておくべきでしょうが、焦ることとはないですが、少しでも金利が安いところにしたほうがよいでしょう。
そうすれば安心して使うことができるようになります。
一枚カードを持っていますとそれだけで十分に安心できることもあるのです。
いつでも使える資金源があるのは有難いことでしょう。

キャッシングの審査方法はなぜ異なるのか

銀行のカードローン審査は厳しく、消費者金融の審査は柔軟と言われていますが、キャッシング先を選ぶ際に明確な審査方法が明示されていないので悩む人も多いでしょう。
審査が厳しい金融業者へ申込みを行い、審査落ちしてしまうと借入れが出来ないので、次第に柔軟な審査を行なう消費者金融へと申込み者は流れて行きます。

カードローンの審査は、金融業者が求めている信用力に差があるので、借入れ診断といった仮審査制度を利用してみると良いでしょう。
なぜなら、借入れ診断では、個人情報を入力せずに個人ごとに職業や勤続年数により異なる信用力を点数化したスコアリング審査が行われ、借入れ診断結果次第で自分に合ったカードローンか簡易的に分かるからです。

複数の借入れ診断を受けてみると、全く同じ入力項目であっても結果が異なることに気が付くでしょう。
カードローンの金利設定が同じであっても、借入れ診断結果が異なることが少なくありません。
金融業者が求めている利用客層は、公開する訳には行かないので、借入れ診断という形でやんわりと求めている客層を示していると考えられます。
審査方法が異なるのは、想定している利用者層が異なるからであって、キャッシング申込み先選びのヒントとなっています。

3種類の返済方式のどれがいい?

カードローンの返済は、残高スライド元利定額返済方式と元利定率リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式があります。

残高スライド元利定額返済方式は多くの消費者金融で採用され、最終借入後の借入残高に応じてあらかじめ決められている最低返済額を支払う方式です。例えばモビットなら、借入残高が10万円までなら1000円、10万円超~20万円なら8000円となります。このように毎月少ない返済額となり楽なのがメリットですが、なかなか元金が減らないので返済が長引くのがデメリットです。

元利定率リボルビング方式は主にアコムで採用され、金融機関が定めた割合を最後に借りた時の借入残高に乗じて毎月の返済額を計算します。アコムの場合、アコムが定める割合は限度額が30万円以下の場合4.2%、30万円以上の場合3~1.5%となります。例えば10万円を借りた場合10万円×4.2%=4200円となります、アコムは千円単位の返済となるので、繰り上がり5000円の返済となります。

最後に残高スライドリボルビング方式は銀行カードローンで主流で、借入残高によって返済額が変わります。たいていは前月末日時点での借入残高によって決定され、返済が進み残高が減っていくと返済額が少なくなる仕組みです。

どの返済方式がいいのかは難しいですが、この計算方式で返済する額はあくまでも最低返済額です。この最低返済額のみ返済していけば完済するまで時間がかかるので、繰り上げ返済を併用するのが上手な返済方法です。