プロミスを利用すると不都合になってしまう人は?

プロミスは申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来てしかもWEB完結で申し込みをする事が可能な消費者金融です。融資スピードが優れていて利便性が高いのがプロミスの特徴ですが、中には不都合になってしまう人もいるので注意が必要です。そこでプロミスを利用すると不都合になってしまうのはどのような人なのか確認していきましょう。

・金利を重視している人

プロミスは上限金利が17.8%で設定されているので18%のアコムなど他の消費者金融に比べると低く設定されています。しかし17.8%は高金利の部類に入るので金利を重視している人は不都合になってしまいます。金利を重視している人は低金利の銀行カードローンを利用した方がいいでしょう。

・三井住友銀行の口座を持っていない人

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っている消費者金融なので三井住友銀行の口座を持っていないと利用する事が出来ないサービスがあります。それによりお金を借りる時は返済する時に不便を感じてしまう事もあります。三井住友銀行の口座を持っていない人は申し込む前に口座開設をしておくか別の消費者金融を利用するようにしましょう。

プロミスを利用すると不都合になってしまうのは金利を重視している人と三井住友銀行の口座を持っていない人が該当するので注意しましょう。

見逃せない!無利息で使えるカードローン

カードローンはローンの1種になりますから、利用後の返済時には当然利息を払わないといけません。これはそれがローンになる限りは当然のことなのですが、これが無利息となるカードローンも一部にあります。非常にお得ですから知っておくといいでしょう。

どんなカードローンかというと、借入後、一定期間以内に返済すれば無利息というものになります。その期間がどれくらいになるかは、カードローンの種類によります。大手のあるカードローンの場合、無利息期間は1週間となっています。最初の借入日から1週間以内に完済すれば、完全無利息でカードローンを利用できるのです。

無利息期間が1か月となるカードローンもあります。この期間内であれば完全無利息となり、しかもこのサービスはこの期間中ずっと続きます。無利息期間中に何度利用しても、サービス期間が終わるまでに完済すれば同じく無利息です。

このような無利息カードローンもありますから、ローンをなるべくお得に使いたい方にはおすすめです。この無利息サービスですが、規約に沿って何度でもサービス期間があるサービスと、契約直後の1回だけとなるものがあります。少額借入を中心に何度も借入を利用している方は、サービス期間が何度でも復活するカードローンを選ぶといいでしょう。

キャッシングの利息を考える

キャッシングに否定的な考えの方々には単純に利息分を多めに払うのは馬鹿馬鹿しいという意見があるかと思います。もちろんその考えは正しい意見かと思います。ただ実際にその利息分がキャッシング会社の利益になるのだからお金を借りるのに利息分が付いてくるのは当然かと思います。

キャッシングには利息があるので利用した時点で損をする、では何故利用するのか?それはお金を貸す行為はもはやサービス業の一つだと私は考えます。キャッシングを利用することになった動機は人それぞれです。自分やお子様の教育費用や旅行等の娯楽費、給料日までの繋ぎとしての生活費等々、事情は様々かと思います。ただどんな事情でも共通点としてはお金が必要ということです。蓄えがあれば問題無いことですが、

このご時世なかなかそうはいかないと思います。お金が足りなくて不具合が生じる部分をフォローできる可能性を考えれば利息分が損だとしても利用しない手はないと思います。賢い人だと銀行からお金を引き出すのに現在だとコンビニで24時間365日利用することが出来るが手数料が必要になります。

金額的に少額かつ利用期間が短ければキャッシングの利息の方がATM手数料より低く抑えることができます。このような利用法もあります。いずれにしても自分で納得して使い方を間違わなければキャッシングはありがたいサービスかと思います。

自行口座があった方が実は便利です

最近カードローンのテレビCMを見ていると、口座がなくても大丈夫と宣伝しています。例えばネット銀行や地方銀行の多くは、自行の普通預金口座を持っていることが借り入れ条件となります。持っていないと開設の義務があり、店舗へ来店して口座開設する以外は非常に時間がかかります。ですから口座を持っていなくても貸してもらえる金融機関は便利です。

しかし本当に便利なのは、自行口座を持っている銀行カードローンに申し込むことです。例えば三井住友銀行カードローンはすでに自行口座がありキャッシュカードを持っていて、インターネットバンキングを利用していたら、本人確認書類(50万超えの融資には収入証明書が必要)の提出が不要で、審査に通りさえすればすぐにキャッシュカードでキャッシングできるようになります。

またプロミスを利用する際も親会社の三井住友銀行(ジャパンネット銀行でも可)の口座を持っていれば、21時までに審査に通りさえすればすぐに振込融資を受けられるのです。さらに三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでも、申し込み時に本人確認書類の提出が不要になります。そして口座振替で返済するには自行口座が不可欠となっています。毎日忘れることなく返済できる口座振替は大変便利で、手数料もかかないので是非口座を開設して利用しましょう。

このように自行口座がなくても契約や利用はできますが、便利なのは自行口座をお持ちの場合です。