消費者金融で即日で融資してもらうには

たくさんの消費者金融がある中で、申し込んでから即日にキャッシングできるかというとすべてが対応しているわけではありません。

審査にかかる時間や、本人確認など様々な手続きで時間がかかる場合があり、絶対、即日にキャッシングしたいという人は事前に確認や調べてから申し込みをしたほうがいいです。

即日に借りれますや審査時間が短いなど広告を挙げている消費者金融も多く、実際に申し込み前に即日に借りれるかどうか相談することができます。

即日キャッシングするには、午前中に申し込みしたほうがスムーズに進みやすいです。

遅い時間に申し込みすると、手続きの関係で次の日になることがあるので早い時間に申し込みすることをおすすめします。

キャッシング大手業者の返済期日の違い

キャッシングは業者によって返済期日も異なります。申し込む前にあなたのご都合に合っている業者選びも大切です。大手の消費者金融3社の返済期日を比較してみましょう。

まずはプロミスです。返済期日に自由度があり、毎月5日、15日、25日、末日と4つのパターンから選択することができます。お給料日などのサイクルに合わせて設定が出来るのは魅力でしょう。

次はアコムです。契約内容によっては返済期日を設定することが出来ますが、こちらの場合は35日毎の返済というサイクルが特徴的です。最終返済日の翌日から35日であり、通常のキャッシング業者に比べて余裕のある返済プランが立てられます。

最後はアイフルです。2つのパターンを選択することが可能で、1つは約定日制度。お給料日などに合わせて返済日を自身で決定することが出来ます。もう1つはサイクル制で、最終返済日の翌日から35日後が返済日となります。

このように、キャッシング大手業者の中でも返済期日は異なります。35日サイクルは非常に返済が楽にはなるものの、返済する期間自体は長くなってしまう傾向がありますのでこちらを利用する際には収入状況により多めに返済することをオススメします。ただ、銀行系カードローンなどでは返済期日に柔軟性は望めませんので魅力的であるには違いありません。

おまとめローンは銀行カードローンが有利

複数の金融業者からの借入がある状態では、返済日管理が難しいだけでなく、金利も高い状態のままとなりがちです。消費者金融からの借入がある人にとっては、年収の1/3以上の借入を制限する総量規制に抵触しかねない状況から、手軽に借り換えが難しくなっています。

総量規制の例外として認められているおまとめローンを利用すれば、年収の1/3を上回る金額を一括で借り換え出来ますが、全てが良いことばかりとは限りません。なぜなら、貸金業法に基づくおまとめローンを利用中は、完済するまで他社からの借入を貸金業者が自主規制しているので、いざという時の資金に困ってしまうからです。

銀行カードローンを利用すれば、そもそも総量規制対象外であって、信用力次第では年収の1/3を超える融資枠を得られる可能性があります。銀行カードローンは、消費者金融や信販会社よりも低金利で行われているので、銀行カードローンを実質的なおまとめローンとして利用すれば、完済に至る前に追加借入が可能です。

いざという時に追加借入出来る安心感は、並行して貯蓄を行わなくても返済を優先できる状況が得られるので、随時返済を活用して早期完済を目指せます。銀行カードローンを利用した実質的なおまとめローンは、貸金業法にもとづくおまとめローンよりも有利です。