専業主婦や無職の人の消費者金融の利用について

キャッシングの審査の結果に大きく影響するのが安定した収入の有無です。特に消費者金融のキャッシングは担保も保証人も必要なく本人の信用力に対して融資が行われるので、キャッシングの利用者には融資されたお金に加えて利息を確実に返済できる経済力が問われることになります。

また、消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているため収入のない人の場合には利用することが不可能になっています。そのため、収入と呼べるものがない無職の人や専業主婦といった立場の人は残念ながら消費者金融のキャッシングを利用することはできません。どうしてもお金を借りたいというときには、総量規制の対象外となっている銀行のカードローンなどを利用するしかありません。

無理のないキャッシング返済

私はアコムでキャッシングをしていていました。利子が多くて毎月返済をしていても半分ほどが利子の分で消えてしまうので中々返済が終わりませんでした。その時に結婚が決まり、旦那に借金のことを話すと利子の分を考えるとすぐにでも返済した方が今後のためということで旦那のお金を借りて全額返済をしました。私は7年ほど前に60万円ほど借りていて未だに40万円ほど返済が残っていたので、キャッシングでの利子の高さを改めて実感しました。借りる時は簡単に借りることが出来るのでとても便利ですが、返済はきちんと目処をつけて借りないとずるずると返済に時間がかかってしまうのでこれからは気をつけていこうと思いました。

これからもお世話になることがあるかもしれませんが、その前に貯金もしていきたいです。

キャッシングには銀行系と消費者金融系があります

キャッシングには大きく銀行系と消費者金融系の2種類があります。どちらがより優れているということはまったくありません。金利面だけ見れば銀行系のほうが低いので利用者から見れば優れているということになるのかも知れませんが、審査時間の面から見ると消費者金融系のほうが短いので優れているということになります。審査の面で言うと、どちらのキャッシングが審査に通りやすいかというものはありません。

フリーターの方は銀行系のキャッシングの審査に通れないという話もありますが、そのようなこともありません。安定した収入があり、返済能力がしっかりとしていることが審査では重要になります。正規雇用でも非正規雇用でも返済能力が無いと判断される審査に通ることはできないのです。金利の安さを追及するなら銀行系のキャッシング、審査の短さを追及するなら消費者金融系のキャッシングと使い分けるといいでしょう。

即日で使えるキャッシングサービス

すぐにお金を借りたいというのであれば即日を謳っているところにしたほうがよいでしょう。そうした即日のキャッシングサービスと言うのは間違いなくいくつかあります。問題は自分がその条件をクリアしているのか、ということでしょう。土日でも、と言うところを選ぶことがポイントになります。

即日である、ということはこちらでも用意しておくべき書類が揃っていると言うことであり、必ずしも相手のみの理由ではない、ということになりますから、そこはよく認識しておきましょう。ネットからの申込みで、といったところはそうしたパターンが多いですから、よく探してみましょう。一番よいのは最初からカード発行してもらっておくことです。これがいざというときによい方法になります。