何かとお金がかかるこの時期には

12月に入ると、忘年会やクリスマスプレゼント、お正月の帰省の旅費やお土産など、お金があっという間になくなってしまう時期です。

お金がないから、忘年会や飲み会に参加しない、そういったことはもちろんできるわけもなく、また雰囲気も悪くなってしまうため、付き合いのことを考えると参加は必須なのです。

毎年、12月はお財布が厳しいな、そう感じていた時に地元の友達の妊娠が発覚し、そのお祝いを友達でしようという話になりました。

もちろん、お祝いということは何かプレゼントも用意しなければならず、どんどん出費だけが膨らんでいくのです。

そんな中、スーパーで買い物中、買ったものを袋に入れている時に、うっかり財布を台の上にそのまま置き忘れてしまい、家に帰宅後すぐにお店に戻ったのですが、お財布はなくなっていました。

カード類などは、全て使えないようにしたものの、いつもよりも多くお財布にお金を入れていたため、生活費が足りなくなってしまったのです。

お金のことを誰かに相談したり、貸し借りするのも気が引けて、悩んでいた時にネットでキャッシングのことをしり、すぐにネットから申込みをしました。

不安はもちろんありましたが、まずは今月を乗り切りたいその一心だったのです。

テレビコマーシャルで、簡単という言葉は聞いたことがあったものの、本当に手軽に利用でき、驚いてしまいました。

大手の名前の聞いたことのある会社を利用したので、なんとなく安心して利用できました。

初めての消費者金融利用。即日融資は可能なの?

■即日じゃないと意味がない方へ

初めて消費者金融を利用するって、ちょっぴり不安ですよね。ケースによっては審査が通ったとしても即日金融してもらえないと意味がないって方もいらっしゃるかもしれません。

では現在、消費者金融って初めての利用する人でも即日融資は可能なのでしょうか?即日融資のってどのくらい待てば手元に現金が手に入るのでしょうか?

■即日金融してくれる消費者金融はたくさんあります!

現在、審査さえ通れば即日金融してくれる消費者金融は沢山あります。例え初めての利用であってもなんです。

もちろんかく各消費者金融によって細かい審査条件は違いますが、インターネット上で調べるとすぐに見つかるのも事実です。

■即日金融ってどのくらい待てばいいの?

即日金融って一体どのくらいで手元に現金が手届くのか気になるところです。早い消費者金融でなんと60分で融資してくれるとこもあります。

数年前まではの消費者金融審査は店舗まで足を運ぶ必要がありましたが、現在ではインターネット上で審査を受けられるので、まさに即日で現金が借りられるんです。

信じられないかもしれないですが、2時間で融資が受けられたなど口コミも多く、即日融資で助かったという人も少なくはありません。

すぐに現金が欲しい方にとって消費者金融は心強い味方になってくれるかもしれませんね。

増額申込みの審査に通る条件は?

カードローンなどでキャッシングをする場合、個人に与えられた限度額までしか借り入れをする事が出来ません。限度額は、金融業者の独自の審査により枠が決められるものです。

しかし、この限度額は永遠に初回の申し込み審査の際に決められた金額のままという訳ではありません。
後から増額申込みをする事も可能なのです。

しかし、残念ながら増額申込みをすれば必ず希望の限度額までアップしてもらえるという訳ではありません。
増額申込みが認められる条件は何なのでしょうか?

金融業者によりこの条件は異なり、また詳細は明らかにされていません。
しかし、増額申込みが認められるには、以下のポイントが重要になってくると言われています。

まずは、返済が滞っていない事は必須条件です。
また初回申込みをしてカードを作ってから、少なくとも数ヶ月は信用を積み重ねる事も大切です。

例えばカード申込みをしてから1ヶ月も経たない内に増額申込みをしても、審査に通らない事が多いでしょう。
地道にキャッシングを利用して返済をしていく事が確実な方法となります。

年収のアップも増額申込みには有利について働くものの、上記の2点の方がずっと重要なポイントなります。
いくら年収があがっても、返済をいつも延滞しているようでは、かなりの確率で審査に通らないと言えます。

また、金融業者の方から増額可能のお知らせがくる事もあるので、こうした通知があった後で増額申込みをすれば、ほぼ確実に限度額をアップする事が出来るでしょう。

キャッシングでは本人確認と信用情報が必要

親しい友達に頼まれて、漫画本などを貸すという人は多くいます。友達だからこそ貸すのであって、見ず知らずの相手には、普通は貸すことがありません。また親しくても、汚したり紛失したりといった過去がある友達には、貸さないことが一般的です。

このように貸し借りには、信頼関係が必要となっているのです。そしてそれは、キャッシングにおいても同様です。

金融機関は、名前も住んでいる場所も分からないような人に、いきなりお金を貸すことはありません。そのためキャッシングでは、まずは運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を出すことになります。これらを提出することで、金融機関に自分のことを知ってもらうのです。

本人確認により住所氏名が明らかになれば、金融機関は次に信用情報について調べます。具体的には、キャッシングの利用履歴や、公共料金の支払い状況などです。こういった個々の信用情報は、データベース化されている上、各金融機関で共有されています。そのためそれを見れば、金銭面において信頼できる人物かどうかが、すぐにわかるのです。そして金融機関は、信頼できると判断した場合に、その度合いに応じた金額を貸し付けするのです。

このようにキャッシングでは、本人確認と信用情報とが非常に重要なのです。お金に困った時にすぐにキャッシングを利用するためには、日頃からこれらを問題のない状態にしておくことが大事です。