伊予銀行カードローン 新スピードカードローン

伊予銀行カードローンである新スピードカードローンには以下のような特徴があります。

まず、基本スペックとしては金利2.0~14.5%、借入限度額は10万から1000万円、75歳未満まで借入可能、

口座も無しでも利用が可能となっており、申し込みから借入までは1週間前後と年齢制限はかなり高めではありますが、その他はまあまあか

普通のカードローンです。

地方銀行ですので、伊予銀行が営業しているエリアでないと基本的には利用が出来ません。

もちろん、地方銀行だからといって返済方法が少ないというわけではなく、セブンイレブンやローソンなど提携ATMなどを利用するところが多数ありますので

そういったところを利用して返済するとやりやすいでしょう。

また、口座がありますと職場への在籍確認をなしにしてくれることもありますし、口座引き落としという方法が利用できます。

口座を持っていることで、おそらく融資に関しても審査が甘くなる可能性もあります。

HP条には口座を持っている方式のページには、他の銀行などでの借入審査不安の方にも安心して利用が出来るというようなかなり積極的な記述があり、

これは、銀行利用者を囲い込むためにあえてやっている可能性があるといえるからです。

やはり口座を持っていたほうがメリットを受けることが大きいです。

伊予銀行口座を持っている地元の方は利用してみる価値はあるかもしれません。

京都銀行カードローンの特徴について

京都銀行カードローンWには次のような特徴があります。

大きな特徴としては金利です。 500万円までが借入限度額にあるにもかかわらず、金利は3.975%~11.975%とかなり低金利での利用が可能という優れものです。

ここまで安い金利というのは大手や周辺の地方銀行でも数少ないレベルです。

しかも、借入限度額が50万円では8.975%、100万円の時では、5.975%とこの価格帯でこの低金利であることで、

多くの利用者が超が付くほどの低金利で利用ができるということになっていますので、とても利用がしやすいのです。

インターネットからも利用が可能であり、提携ATMも豊富にあるのが特徴的です。

普通口座の契約が必要なので、営業区域以外はなかなか利用ができませんし(京都とその近隣県、東京と愛知の一部)、当銀行で他のカードローンを

利用しているような場合にはいったん解約をしないといけません。

また、最大のネックとしては審査から借入までの期間が3週間以上はかかるらしく、いい条件での借り入れができる分時間がかかってしまいます。

かなりのハイスペックでありますので利用できる環境にある方は利用する価値は大いにあるといえます。

キャッシングリボがショッピングリボより金利が高い理由

ショッピングカードには、キャッシング枠とショッピング枠でそれぞれお金が設定されており、

その枠内でカードが利用できるようになっているわけであります。

キャッシングリボというのは基本的にショッピングリボよりも高い値段で設定されている会社というのが多いです。

その差については会社によって異なりますが、おおよそ2~3%くらいさがあるようなケースもあります。

なぜ、この二つは似ているようなものであるのに金利設定が違っているのでしょうか?

これは基本的なお金の支払い方が違ってくることに原因があります。

ショッピング枠というのは基本的に、商品を買ったときの値段を会社が立て替えるわけですが、

支払いに関しては一括で支払うケースが多いわけです。 すぐにお金が返ってくる確率が高いですから金利は基本的に低めです。

逆にキャッシングリボ払いというのは、基本的に融資という形になり、返済に関しても一括ではなく長期的なお金の返済になりますので、

すぐにお金が返ってこないという言とそのリスクを考えるて、高めに設定されているというわけです。

同じようなものと感じていても、実はちょっとした違いや傾向がありますのでこういった金利面での差があるというわけです。