申し込みはインターネットが便利

消費者金融を利用して、現金を借りようと考えている人は、インターネットを利用して申し込みをするのが1番便利です。

消費者金融のサイトには、インターネットからカード発行を申し込むところがあり、ここに必要事項を記入して送るだけでカードを発行してもらうかどうかの審査をしてもらうことができます。無事審査に通過することができれば、キャッシングをすることができるカードが郵送で送られてくるので、カードを手に入れた時からキャッシングをすることが可能になります。

これまで消費者金融でキャッシングをしようと思うと、店舗に行くか無人の契約機まで行って手続きをしなければいけませんでしたが、インターネットであればこういうのが不要なのでとても便利です。

自動契約機によるキャッシングの利用の利便性

消費者金融会社のキャッシングを利用する場合、インターネットを利用したWeb申込みが多くの消費者金融会社で薦められています。しかし、インターネットが利用出来る環境が無い場合には他の申込み方法を利用する必要性があります。そこで、Web申込みと同じくらい使われているのが自動契約機を使った申込みです。自動契約機であれば、繁華街や駅周辺などに設置されていますので、いつでも申込みが出来ます。

申込みがし易い事で審査結果を待って、審査を通過すれば、その場で契約をして融資に必要なカードの受け取りを行えます。このように、自動契約機による申込みから融資の利用、返済のし易さがキャッシングの利便性を高めてくれます。近年では、タッチパネル操作になっていますので、端末の指示通りに操作をすれば、申込書の作成と必要な書類の提出を効率的に行なえます。

新生銀行レイクのキャッシングのメリット

大手消費者金融のキャッシングの無利息サービスの広がりにより、銀行でも無利息サービスを行うところが増えています。無利息サービスを実施している銀行は、実は金利も消費者金融並みのところが多く、銀行のキャッシングとしてのメリットは少ないのが実情です。

そんな中で、新生銀行レイクは、初回契約に限り、借入金額全額が30日間無利息、または5万円だけ180日間無利息のどちらかを選べる独自の無利息サービスを行っています。

180日間無利息サービスを行っているのはレイクだけ。借入金額が10万円以下の場合は、他社より利息を抑えられます。レイクのサイトでは、返済シミュレーションで、利息を確認することもできます。

レイクは、コンビニATMや提携銀行のATM手数料が無料になるので、うまく利用すれば他社よりお得に借り入れできます。

自動契約機でキャッシングの申込手続きをする時に提出する身分証明書はどれがいい?

消費者金融の自動契約機でキャッシングの申込手続きをする時に身分証明書を提出しなければいけません。身分証明書は運転免許証、健康保険証、パスポートなどが適用されますが、どれを提出すればいいのか悩んでしまう人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の自動契約機でキャッシングの申込手続きをする時に提出する身分証明書はどれがいいのか見ていく事にしましょう。

消費者金融の自動契約機でキャッシングの申込手続きをする時に提出する身分証明書は運転免許証がオススメです。運転免許証は身分証明の役割も果たしますが、車を運転する事が出来る人と証明する事が出来るので地位が高い人と判断されやすいです。それで審査で有利になる事が多いので運転免許証を身分証明書として提出するといいでしょう。