おまとめローンを使うときは必ずまとめること

複数社から借り入れされてる方が1社にまとめるためにおまとめローンを申し込むことがありますが、必ずまとめたことが証明できる振込み用紙などが必要になります。貸す側としてもおまとめ用途以外で使用されると貸したお金が返済できるか不安になります。

おまとめにするために新たにカードを作ったのにそのカードで返済した以前のカードをさらに使用してしまうと結局借り入れが増える結果になってしまうので本末転倒です。救済措置ということを絶対に忘れないようにすることを肝に銘じていればおまとめローンをうまく活用して少しでも利息を減らすことが出来完済することが出来る助かる措置かと思います。複数社からの借り入れがある方は一度検討してみて上手に利用してみてはいかがでしょうか。

おまとめローンを使って返済の仕方を変化させる

キャッシングは、限度額上限まで借り入れ出来る比較的自由度がある個人向け融資サービスです。この融資サービスは、貸金業法で決められている総量規制による総限度額の制限がありますが、その制限の上限までであれば、複数の金融会社のサービスを併用する事が可能です。しかし、複数の会社から借り入れをしますと、それだけ月に返済をする回数が増加しますので、途中で返済窓口を一本化した方が返済の効率が良くなります。

おまとめローンは、複数の消費者金融会社のキャッシングで借り入れした人々の借り入れしている金額のお金を融資し、それを借りた利用者が現在の借り入れを一括で返済する事で、返済の為に借りた借り入れを新たなローンとして返していくという融資サービスです。キャッシングと比較して自由度がある融資サービスではありませんが、返済方法を変化させる手段として効果的です。

おまとめローンは銀行カードローンが有利

複数の金融業者からの借入がある状態では、返済日管理が難しいだけでなく、金利も高い状態のままとなりがちです。消費者金融からの借入がある人にとっては、年収の1/3以上の借入を制限する総量規制に抵触しかねない状況から、手軽に借り換えが難しくなっています。

総量規制の例外として認められているおまとめローンを利用すれば、年収の1/3を上回る金額を一括で借り換え出来ますが、全てが良いことばかりとは限りません。なぜなら、貸金業法に基づくおまとめローンを利用中は、完済するまで他社からの借入を貸金業者が自主規制しているので、いざという時の資金に困ってしまうからです。

銀行カードローンを利用すれば、そもそも総量規制対象外であって、信用力次第では年収の1/3を超える融資枠を得られる可能性があります。銀行カードローンは、消費者金融や信販会社よりも低金利で行われているので、銀行カードローンを実質的なおまとめローンとして利用すれば、完済に至る前に追加借入が可能です。

いざという時に追加借入出来る安心感は、並行して貯蓄を行わなくても返済を優先できる状況が得られるので、随時返済を活用して早期完済を目指せます。銀行カードローンを利用した実質的なおまとめローンは、貸金業法にもとづくおまとめローンよりも有利です。