アルバイトでもキャッシングができる理由

アルバイトのような非正規雇用の人はキャッシングができないと思っている人が意外と多いのですがそんなことはないです。別に問題なく、貸してくれるところのほうが多いです。何故かといいますと収入があるからです。アルバイトであろうと収入があるわけですから、そこから審査をして与信が決まったのであればその金額までは貸してもらうことができる可能性が高いです。

絶対というわけではないですが、アルバイトでも働いていることは確かですから、貸すことに障害はないわけです。アルバイトであることよりも、20歳未満とかの年齢の制限のほうが意外と知られていないことでしょう。20歳を超えていればアルバイトでも大丈夫ですが、20歳未満には貸すキャッシング業者はほぼありませんから注意しておきましょう。

アルバイトがキャッシングをする時にどの業者を利用すればいい?

アルバイトでもキャッシングをする事が出来ますが、金利が発生するので業者選びをする時はしっかり考えなければいけません。そこでアルバイトがキャッシングをする時にどのような業者を選べばいいのか見ていく事にしましょう。

アルバイトは収入が少ないのでキャッシングをする時はまず金利が低く設定されている業者を選ぶ必要があります。金利が低く設定されていると加算される利息も少なくなるので返済する時の負担が軽減されます。金利が低く設定されている銀行カードローンを利用するのがおすすめです。また即日融資に対応している消費者金融は金利が高く設定されていますが、無利息サービスが提供されている事もあるので早くお金を借りたい人は利用してみるといいでしょう。

アルバイトのキャッシング審査について

キャッシング審査は返済能力の確認を行い、返済能力を認められる事で初めて借金が可能になります。

職種と言うのは重要な審査判断要素になり、公務員や大手企業に長年勤務している安定した高収入な方は信用が高くて審査に通りやすいです。

一方で自営業のように収入に波があったり、アルバイトのような不安定な雇用の方は審査に慎重になられる可能性が高いのですが、アルバイトがキャッシング審査に通らないわけではありません。

収入の流れを持っているという点が大きな要素になり、アルバイトの方でも長く勤めていれば審査に有利になりますし、審査に慎重な大手銀行のキャッシングを利用しているアルバイトの方も居ます。

働き始めて日が浅いアルバイトの場合は、審査見送りの可能性はありますが、長く勤めていれば安定した収入を持って返済能力があると見なされやすいです。

アルバイトではキャッシングを利用できないのか

キャッシングについて調べてみると、アルバイトの収入では安定した収入には当たらないのでキャッシングに審査に通りにくい傾向がある、となっていることをよく見かけます。確かにキャッシングの申込み条件には「20歳以上で安定した収入のある」人ということになっています。この「安定した収入」にアルバイトの収入が該当するかどうかがキャッシングの審査に通るかという分かれ目になっています。

もちろんですが、日雇いバイトなどではとうてい安定した収入に該当しないのはわかりますが、アルバイトの収入が少ないことは必ずしも安定した収入に該当しないわけではありません。キャッシングの利用限度額が少なく設定されることになることが多いですが、キャッシングの審査には通ることが多いです。

毎月のアルバイトの収入が少なくても、安定して収入があることは安定した収入に該当すると判断されるわけです。しかし、毎月のアルバイトの収入が安定していても、他の金融機関に複数の借入がある場合や、ブラックリストに記載されるような金融事故の履歴がある場合は審査に通ることが難しいことはアルバイトも同じです。

ただ、アルバイトは収入がそれほど多くないことがほとんどですので、利用限度額は少なくなることだけは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。