カードローン会社選びは自分の用途に合わせる

カードローン会社は数多くあり、ネットで調べてもどこのカード会社が良いか迷ってしまいます。

選ぶ際のポイントとしては、自分がどのような借り入れを希望しているかを考えることが必要です。例えば、少額の借り入れを希望しておりすぐに返済する予定であれば、無利息期間キャンペーンを行っている消費者金融もあるので利用する価値があります。

逆に大口の借り入れを希望しているならば返済期間も長くなることが予想されるので、金利の低いカードローン会社を選択した方が良いです。

一般的に消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が金利は低く設定されていますが、その分だけ審査に通りにくいという側面があります。

消費者金融の中では、プロミスが少しだけ金利が低く初回借り入れ時の無利息キャンペーンを実施しています。

みずほ銀行のカードローンを利用する際の注意点

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行といった大手都市銀行ではそれぞれカードローンを提供しており、どれも消費者金融より金利が低いことからとても人気になっていますが、この中でみずほ銀行のカードローンを利用する際には多少注意が必要になります。

それは、他の2行と比べて多少サービスや利便性で劣る面があるからです。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行はそれぞれアコム、プロミスといった大手消費者金融がグループ企業に存在することから、サービス面を含めたカードローンに対するあらゆるノウハウがあるのに対して、みずほ銀行は特に消費者金融との付き合いがない為だとも考えることができます。

もちろん保証会社こそ付いていますが、オリエントコーポレーションなので、カードローンのノウハウをそこから吸収するのは難しいでしょう。そのような背景の影響からか、まず大手都市銀行のカードローンの中でこのみずほ銀行のカードローンだけは無人機を利用して申込むことができません。

また、利用にはみずほ銀行の口座が必要になります。これは、返済をそこからの自動振替で行う為で、持っていない場合はカードローンの申込みと同時に開設しないといけません。このように、サービスや利便性では他の2行に劣らざると得ないのです。

しかし、その代わりと言っては難ですが、金利が一番低いというメリットがあります。三菱東京UFJ銀行では最高金利が14.6%、三井住友銀行では14.5%ですが、みずほ銀行はこれが14%です。この最高金利は多くの場合で適用される大事な数字なので、多少サービスや利便性では劣るとしても、金利が最優先だと考える人には3行の中で一番おすすめできるカードローンだと言うことができます。

カードローンを利用する時に心掛けておかなければいけない点は?

最近では即日融資に対応してくれるカードローン業者が増えてきていてお金が必要になった時でも心配する必要がなくなっています。またスマホの普及によりネットキャッシングをする事が出来るようになっているので利便性も高まってきています。しかしカードローンを利用するという事はお金を借りるという事なので心掛けておかなければいけない点もあります。そこでカードローンを利用する時に心掛けておかなければいけない点を確認していきましょう。

・必要以上に借り過ぎない

即日融資に対応してくれてしかもネットキャッシングをする事が出来れば頻繁にお金を借りたくなってしまいます。しかしカードローンは金利が高く設定されているので頻繁にお金を借りてしまうと返済が困難になってしまいます。それで債務整理をしてしまう事もあるので必要以上に借り過ぎないように心掛けましょう。

・長期に渡る返済はしない

カードローンの返済は基本的に自分のペースで出来ますが、長期に渡る返済をしてしまうと加算される利息も多くなってしまいます。それで返済総額が多くなってしまうので負担がかかってしまいます。カードローンの返済はなるべく短期間で済ませるように心掛けましょう。

カードローンを利用する時に心掛けておかなければいけない点はこのようにあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

見逃せない!無利息で使えるカードローン

カードローンはローンの1種になりますから、利用後の返済時には当然利息を払わないといけません。これはそれがローンになる限りは当然のことなのですが、これが無利息となるカードローンも一部にあります。非常にお得ですから知っておくといいでしょう。

どんなカードローンかというと、借入後、一定期間以内に返済すれば無利息というものになります。その期間がどれくらいになるかは、カードローンの種類によります。大手のあるカードローンの場合、無利息期間は1週間となっています。最初の借入日から1週間以内に完済すれば、完全無利息でカードローンを利用できるのです。

無利息期間が1か月となるカードローンもあります。この期間内であれば完全無利息となり、しかもこのサービスはこの期間中ずっと続きます。無利息期間中に何度利用しても、サービス期間が終わるまでに完済すれば同じく無利息です。

このような無利息カードローンもありますから、ローンをなるべくお得に使いたい方にはおすすめです。この無利息サービスですが、規約に沿って何度でもサービス期間があるサービスと、契約直後の1回だけとなるものがあります。少額借入を中心に何度も借入を利用している方は、サービス期間が何度でも復活するカードローンを選ぶといいでしょう。

自行口座があった方が実は便利です

最近カードローンのテレビCMを見ていると、口座がなくても大丈夫と宣伝しています。例えばネット銀行や地方銀行の多くは、自行の普通預金口座を持っていることが借り入れ条件となります。持っていないと開設の義務があり、店舗へ来店して口座開設する以外は非常に時間がかかります。ですから口座を持っていなくても貸してもらえる金融機関は便利です。

しかし本当に便利なのは、自行口座を持っている銀行カードローンに申し込むことです。例えば三井住友銀行カードローンはすでに自行口座がありキャッシュカードを持っていて、インターネットバンキングを利用していたら、本人確認書類(50万超えの融資には収入証明書が必要)の提出が不要で、審査に通りさえすればすぐにキャッシュカードでキャッシングできるようになります。

またプロミスを利用する際も親会社の三井住友銀行(ジャパンネット銀行でも可)の口座を持っていれば、21時までに審査に通りさえすればすぐに振込融資を受けられるのです。さらに三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでも、申し込み時に本人確認書類の提出が不要になります。そして口座振替で返済するには自行口座が不可欠となっています。毎日忘れることなく返済できる口座振替は大変便利で、手数料もかかないので是非口座を開設して利用しましょう。

このように自行口座がなくても契約や利用はできますが、便利なのは自行口座をお持ちの場合です。

カードローンの無利息キャンペーンは積極的に利用しよう

カードローンの申し込み先を調べていると、大手消費者金融を中心として初回限定30日間無利息キャンペーンを実施している会社が多いことに気が付くでしょう。広告キャンペーンとして長期間行っている消費者金融が多いのは、最小限の経費で広告効果が大きいからです。同じ広告媒体に出す広告であっても、実際に審査通過した人のみ30日間無利息にするだけですから、契約に結びついた分のみ特典適用を行えば良いでしょう。

貸金業者が行なう広告には、契約成立前に特典が受けられてしまうと、広告費に対して成果が著しく減少しかねません。実際の特典については、無利息期間の計算方法が各金融業者により異なるので、契約成立日の翌日から30日無利息となる場合もあれば、初回借入日を起算日として無利息キャンペーン適用開始とするケースがあります。カードローンの審査を通過させておき、後から実際の借入を行なうのであれば、初回借入日から30日間無利息キャンペーンとしている金融業者がお得です。金利ばかりに目が行がちですが、利用規約を細かく確認することで、特典内容についても最大限に活用可能となるでしょう。金融業者の中には、7日間無利息キャンペーンを繰り返し条件を満たせば利用できる会社もあるので、無利息キャンペーン内容を比べて積極的に利用するとお得です。

カードローンの申し込みは簡単です

遊ぶお金がないからという理由でお金を借りるのはあまり感心しませんが、誰にでもどうしてもお金が必要な場合があります。そんな時は遠慮なくカードローンを利用すればいいのです。

最近カードローンの申し込みは非常に簡単です。運転免許証か各種保険証があれば事足ります。中小の貸金業者では収入を証明する書類(源泉徴収票や給与明細など)の提出がほぼ不可欠ですが、大手金融機関なら50万円を超える場合のみ必要となります。なお銀行カードローンでは300万円くらいまで、収入証明書の提出が不要な銀行もあるのです。

申し込み時に一番気になることは、内緒で借りられるかということです。まず家族にカードローン利用がばれるケースは、ローンカードやカードローン会社からの郵便物が見つかることです。最近ローンカードを発行しないで振込みにてキャッシングできる金融機関や、銀行のキャッシュカードをローンカードとして利用できる金融機関もあります。また自動契約機のある金融機関では、カードと契約書類を自動契約機で受け取れば、自宅への郵便物が届かなくなります。

あとほとんどの金融機関で、職場への在籍確認の電話連絡があります。職場の同僚に借金がばれるかもと心配される方もいらっしゃるかと思いますが、心配無用です。例えば「アコムですが、○○さんいらっしゃいますか?」などと電話をかけることはなく、たいていは個人名か銀行名でかけます。銀行からならクレジットカードに申し込んだなどとごまかせば大丈夫です。それでも心配な方は、モビットなど在籍確認がない金融機関を利用すればいいのです。

このようにカードローンは内緒で申し込めるので、どうしてもお金が必要な場合は遠慮なく利用すればいいのです。