モビットのメリットとデメリット

モビットは三井住友フィナンシャルグループということで、銀行系と表現されることが多いですが、もちろん消費者金融には代わりありません。ですので、銀行のカードローンとは全く違うと考えておきましょう。

モビットのメリットは何と言ってもある条件のもとに在籍確認の電話が会社にかかってこないということになります。その条件とは会社の発行する社会保険証をモビットが確認することです。社会保険証を確認することによって在籍確認の代わりにするということですが、他の在籍確認の電話がないという金融機関はないようですので、在籍確認の電話が会社にかかってくるのがどうしても嫌だという人にとってはモビットの利用を考えればいいでしょう。

モビットのデメリットは比較的金利が高めになっているということです。短期間の利用では金利ではあまり大きな差が出ませんが、返済が長期に渡る場合には金利の高いモビットは不利になります。モビットの場合は上限金利が18%となっていますから、10万円から100万円まで法律決めらている最高金利が適用されるということを意味しています。これは他の消費者金融と比べても安くないので、在籍確認の電話はあまり気にしないという人にはモビットのメリットは小さくなるかもしれません。

アコムを利用する時に注意したいデメリット

大手の消費者金融で経営実績があって老舗と言えばアコムが挙げられます。アコムはプロミスと同様に最短1時間融資を宣伝していて融資スピードが優れた消費者金融です。しかしアコムを利用する時にデメリットになってしまう点もあるので注意しなければいけません。そこでアコムを利用する時に注意したいデメリットを確認していきましょう。

・上限金利の設定が高い

銀行カードローンの上限金利は14.5%前後で設定されていますが、アコムは消費者金融なので上限金利は18%で設定されています。かなり高い設定になっているので借り入れした時に加算される利息も多くなってしまいます。アコムを利用する時は借り過ぎや長期間の返済をしないようにしてなるべく加算される利息を少なくしていく事が大切になってきます。

・借り換えに向かない

アコムは通常のキャッシングの他に借り換え専用ローンも用意されていますが、上限金利に設定が通常のキャッシングと同じで18%になっています。高金利だとあまり借り換えをする意味もなくなってしまうのでアコムは借り換えには向かない消費者金融だという事をしっかり頭に入れておく必要があります。また複数の消費者金融からの借り入れを一つにまとめるおまとめにも向かないので注意しましょう。