知っていますか?即日融資のキャッシングは消費者金融一択です

とにかく急いでお金が欲しい。即日融資のキャッシングを探したいというあなた。2018年より即日融資なら消費者金融一択となっています。

銀行カードローンもかつては即日融資に対応している業者が多かったものの、審査システムが改定されたことで審査結果が当日に出ないことが一般的になったのです。

でも消費者金融のキャッシングと聞くと、金利が高いというデメリットをイメージしがちですよね?ですがこれは誤りです。

今、大手の消費者金融ですと初めての場合は30日程度の無利息期間があるキャンペーンを展開しており、実質はかなり金利が軽減されています。計算上は半年以内に完済すれば銀行カードローンよりも利息がお得になるケースもあるのです。不安に思うことなく即日融資をするなら消費者金融のキャッシング一択ですから、おもいきって申し込みをしてみてください。

キャッシングをするなら大手の消費者金融でしよう!

皆さんがもしキャッシングを行わなければならない状況になってしまった場合、どのようなところに行った方が良いか迷ったことはありませんか?消費者金融も様々なところがあり、しっかりと見定めなければなりません。そこで今回は、どのような消費者金融が良いかをお伝えしていきたいと思います。

まず大事にしたいことは、その消費者金融の名前を聞いたことがあるのかと言うことです。良く広告が出ている消費者金融はどちらかと言うと、信頼できる消費者金融と言えます。

逆に聞いたことがない消費者金融は少し怪しく、個人情報の流出があったり、金利が高かったりしてしまうことがあります。もしキャッシングを行わなければならないのであれば、信頼できる消費者金融をしっかりと選んで行うようにして下さい。

専業主婦や無職の人の消費者金融の利用について

キャッシングの審査の結果に大きく影響するのが安定した収入の有無です。特に消費者金融のキャッシングは担保も保証人も必要なく本人の信用力に対して融資が行われるので、キャッシングの利用者には融資されたお金に加えて利息を確実に返済できる経済力が問われることになります。

また、消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているため収入のない人の場合には利用することが不可能になっています。そのため、収入と呼べるものがない無職の人や専業主婦といった立場の人は残念ながら消費者金融のキャッシングを利用することはできません。どうしてもお金を借りたいというときには、総量規制の対象外となっている銀行のカードローンなどを利用するしかありません。

みずほ銀行のカードローンを利用する際の注意点

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行といった大手都市銀行ではそれぞれカードローンを提供しており、どれも消費者金融より金利が低いことからとても人気になっていますが、この中でみずほ銀行のカードローンを利用する際には多少注意が必要になります。

それは、他の2行と比べて多少サービスや利便性で劣る面があるからです。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行はそれぞれアコム、プロミスといった大手消費者金融がグループ企業に存在することから、サービス面を含めたカードローンに対するあらゆるノウハウがあるのに対して、みずほ銀行は特に消費者金融との付き合いがない為だとも考えることができます。

もちろん保証会社こそ付いていますが、オリエントコーポレーションなので、カードローンのノウハウをそこから吸収するのは難しいでしょう。そのような背景の影響からか、まず大手都市銀行のカードローンの中でこのみずほ銀行のカードローンだけは無人機を利用して申込むことができません。

また、利用にはみずほ銀行の口座が必要になります。これは、返済をそこからの自動振替で行う為で、持っていない場合はカードローンの申込みと同時に開設しないといけません。このように、サービスや利便性では他の2行に劣らざると得ないのです。

しかし、その代わりと言っては難ですが、金利が一番低いというメリットがあります。三菱東京UFJ銀行では最高金利が14.6%、三井住友銀行では14.5%ですが、みずほ銀行はこれが14%です。この最高金利は多くの場合で適用される大事な数字なので、多少サービスや利便性では劣るとしても、金利が最優先だと考える人には3行の中で一番おすすめできるカードローンだと言うことができます。

プロミスを利用すると不都合になってしまう人は?

プロミスは申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来てしかもWEB完結で申し込みをする事が可能な消費者金融です。融資スピードが優れていて利便性が高いのがプロミスの特徴ですが、中には不都合になってしまう人もいるので注意が必要です。そこでプロミスを利用すると不都合になってしまうのはどのような人なのか確認していきましょう。

・金利を重視している人

プロミスは上限金利が17.8%で設定されているので18%のアコムなど他の消費者金融に比べると低く設定されています。しかし17.8%は高金利の部類に入るので金利を重視している人は不都合になってしまいます。金利を重視している人は低金利の銀行カードローンを利用した方がいいでしょう。

・三井住友銀行の口座を持っていない人

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っている消費者金融なので三井住友銀行の口座を持っていないと利用する事が出来ないサービスがあります。それによりお金を借りる時は返済する時に不便を感じてしまう事もあります。三井住友銀行の口座を持っていない人は申し込む前に口座開設をしておくか別の消費者金融を利用するようにしましょう。

プロミスを利用すると不都合になってしまうのは金利を重視している人と三井住友銀行の口座を持っていない人が該当するので注意しましょう。

消費者金融とキャッシング審査のポイントについて

現在ではお金が足りない時にはキャッシングしてその場をしのぐと言う方が多くなります。これは一昔前よりも消費者金融にはクリーンなイメージがある事が理由になりますし、様々な形でキャンペーンなどが行われているので借りた側のメリットも大きくなっています。

しかしそれでもキャッシングに不安を感じている方は多く、特にキャッシングの審査基準が分からないと言う不安を抱えている方は大勢いらっしゃいます。ただ、基本的に消費者金融でのキャッシングは成人していて安定した収入があれば誰でも利用できるようになっています。

したがってそれほど不安を感じる必要はないのですが、気をつけておいた方が良いポイントもあります。それはキャッシングの条件の一つでもある安定した収入の事で、申し込み人にとっては収入になっていても消費者金融側は収入とみなさないケースがあります。

この場合は主に仕送りで生活している学生が該当していて、仮に毎月安定して10万円の仕送りを受けていてもそれが収入とはみなされない事があります。そうなってしまうと審査に通過できない可能性が高くなってしまいますので、できればアルバイトなどをしてキチンと収入を得ておいた方が審査に通過できる可能性は高くなります。

消費者金融が提案する計画返済!銀行カードローンに当て嵌めるとメリットが大きい!

キャッシングといった消費性ローンについては、銀行よりも消費者金融や信販会社、そしてクレジットカード会社の方が得意とする分野であり、実績も高くなっています。特に貸金業法の改正などにより、消費者金融自体は返済の計画性も重視するようになりました。特に最長返済期間は80ヶ月や30万円以下の借り入れでは返済シュミレーションの上限期間が36ヶ月といった現実的な期間になっています。一方、銀行カードローンの場合は最長期間が10年(120回の返済)または8年(96回返済)、融資対象年齢までが最長期間になるなど計画的に借り入れ及び返済をしなければ、総返済額が高額化する可能性が高くなっています。特に利用上限の年齢が満70歳かつ1年毎の自動更新といった場合には注意が必要になります。

しかし、銀行カードローンでも消費者金融が持つノウハウを利用することで、現実的な返済計画や総返済額の圧縮をすることが可能になります。返済期間の長期化を避けたいという場合、大手消費者金融が提供する返済シュミレーションを利用することがおススメになります。銀行カードローンは金利が低いため、消費者金融のカードローンと比べても毎月の返済に於ける元本への充当率も高くなるため、総返済額が少なくなるだけでなく、実質的には早期返済も可能になります。

急に現金が必要になった!でも、銀行や消費者金融から融資を受けられない場合は?

日常生活を送る中で、突発的に現金が必要になるというケースは必ずあります。その際、銀行や消費者金融といった金融機関から無担保または不動産担保で融資を受けることが一番先に思い浮かびます。しかし、与信状況が思わしくない場合や不動産がない場合において、現金が必要でも借りれないという事態に直面する可能性があります。消費者金融のキャッシング契約に於いては、申込者の約4割ほどの審査通過率という実態があります。このような場合、公的支援による融資を受けるという手段があるものの、条件が厳しいことや審査に時間が掛かるなど問題があります。

もし、キャッシング契約が難しいといった場合でも、生命保険を担保にすることで必要な現金を確保することが可能です。この方法は、契約者貸付制度と言われ、生命保険の解約返戻金の7~9割の現金を借り入れすることが出来ます。銀行に預金が無くても、20代から万が一に備えて生命保険に加入している場合、解約返戻金が高額になるケースもあるため、金融機関の審査に不安を抱えてる方は、この制度を有効に活用するのが得策です。特に生命保険は金融資産となるため、立派な財産となり得ます。過去に債務整理の事実があったとしても、しっかりと手元に残る資産となるため、現金調達の方法として準備しておくことをおすすめします。