急に現金が必要になった!でも、銀行や消費者金融から融資を受けられない場合は?

日常生活を送る中で、突発的に現金が必要になるというケースは必ずあります。その際、銀行や消費者金融といった金融機関から無担保または不動産担保で融資を受けることが一番先に思い浮かびます。しかし、与信状況が思わしくない場合や不動産がない場合において、現金が必要でも借りれないという事態に直面する可能性があります。消費者金融のキャッシング契約に於いては、申込者の約4割ほどの審査通過率という実態があります。このような場合、公的支援による融資を受けるという手段があるものの、条件が厳しいことや審査に時間が掛かるなど問題があります。

もし、キャッシング契約が難しいといった場合でも、生命保険を担保にすることで必要な現金を確保することが可能です。この方法は、契約者貸付制度と言われ、生命保険の解約返戻金の7~9割の現金を借り入れすることが出来ます。銀行に預金が無くても、20代から万が一に備えて生命保険に加入している場合、解約返戻金が高額になるケースもあるため、金融機関の審査に不安を抱えてる方は、この制度を有効に活用するのが得策です。特に生命保険は金融資産となるため、立派な財産となり得ます。過去に債務整理の事実があったとしても、しっかりと手元に残る資産となるため、現金調達の方法として準備しておくことをおすすめします。