専業主婦や無職の人の消費者金融の利用について

キャッシングの審査の結果に大きく影響するのが安定した収入の有無です。特に消費者金融のキャッシングは担保も保証人も必要なく本人の信用力に対して融資が行われるので、キャッシングの利用者には融資されたお金に加えて利息を確実に返済できる経済力が問われることになります。

また、消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているため収入のない人の場合には利用することが不可能になっています。そのため、収入と呼べるものがない無職の人や専業主婦といった立場の人は残念ながら消費者金融のキャッシングを利用することはできません。どうしてもお金を借りたいというときには、総量規制の対象外となっている銀行のカードローンなどを利用するしかありません。

おまとめローンは銀行カードローンが有利

複数の金融業者からの借入がある状態では、返済日管理が難しいだけでなく、金利も高い状態のままとなりがちです。消費者金融からの借入がある人にとっては、年収の1/3以上の借入を制限する総量規制に抵触しかねない状況から、手軽に借り換えが難しくなっています。

総量規制の例外として認められているおまとめローンを利用すれば、年収の1/3を上回る金額を一括で借り換え出来ますが、全てが良いことばかりとは限りません。なぜなら、貸金業法に基づくおまとめローンを利用中は、完済するまで他社からの借入を貸金業者が自主規制しているので、いざという時の資金に困ってしまうからです。

銀行カードローンを利用すれば、そもそも総量規制対象外であって、信用力次第では年収の1/3を超える融資枠を得られる可能性があります。銀行カードローンは、消費者金融や信販会社よりも低金利で行われているので、銀行カードローンを実質的なおまとめローンとして利用すれば、完済に至る前に追加借入が可能です。

いざという時に追加借入出来る安心感は、並行して貯蓄を行わなくても返済を優先できる状況が得られるので、随時返済を活用して早期完済を目指せます。銀行カードローンを利用した実質的なおまとめローンは、貸金業法にもとづくおまとめローンよりも有利です。