消費者金融が提案する計画返済!銀行カードローンに当て嵌めるとメリットが大きい!

キャッシングといった消費性ローンについては、銀行よりも消費者金融や信販会社、そしてクレジットカード会社の方が得意とする分野であり、実績も高くなっています。特に貸金業法の改正などにより、消費者金融自体は返済の計画性も重視するようになりました。特に最長返済期間は80ヶ月や30万円以下の借り入れでは返済シュミレーションの上限期間が36ヶ月といった現実的な期間になっています。一方、銀行カードローンの場合は最長期間が10年(120回の返済)または8年(96回返済)、融資対象年齢までが最長期間になるなど計画的に借り入れ及び返済をしなければ、総返済額が高額化する可能性が高くなっています。特に利用上限の年齢が満70歳かつ1年毎の自動更新といった場合には注意が必要になります。

しかし、銀行カードローンでも消費者金融が持つノウハウを利用することで、現実的な返済計画や総返済額の圧縮をすることが可能になります。返済期間の長期化を避けたいという場合、大手消費者金融が提供する返済シュミレーションを利用することがおススメになります。銀行カードローンは金利が低いため、消費者金融のカードローンと比べても毎月の返済に於ける元本への充当率も高くなるため、総返済額が少なくなるだけでなく、実質的には早期返済も可能になります。