キャッシングと返済のタイミングと

キャッシングの返済方法の中でも、最も手軽で確実な方法が、口座引き落としです。返済日になると自動的に引き落とされる形であれば、返済が遅れる心配がありません。もちろん、返済日に必要な金額を口座に入れておく必要がありますが、遅れずに返済をしたいのであれば口座引き落としの活用を考えておくと良いでしょう。ただ、支払う利息を少しでも減らしたいのであれば、お金がある時に繰り上げ返済や一括返済を活用することが有効です。

借り入れ期間が長くなればなるほど、支払う利息は増えていくことになります。そのため、少しでも支払う利息を減らしたいのであれば、繰り上げ返済の活用も考えておくと良いでしょう。短期間での完済を目指すことで、大幅な利息の節約ができることは少なくありません。

無理のないキャッシング返済

私はアコムでキャッシングをしていていました。利子が多くて毎月返済をしていても半分ほどが利子の分で消えてしまうので中々返済が終わりませんでした。その時に結婚が決まり、旦那に借金のことを話すと利子の分を考えるとすぐにでも返済した方が今後のためということで旦那のお金を借りて全額返済をしました。私は7年ほど前に60万円ほど借りていて未だに40万円ほど返済が残っていたので、キャッシングでの利子の高さを改めて実感しました。借りる時は簡単に借りることが出来るのでとても便利ですが、返済はきちんと目処をつけて借りないとずるずると返済に時間がかかってしまうのでこれからは気をつけていこうと思いました。

これからもお世話になることがあるかもしれませんが、その前に貯金もしていきたいです。

キャッシング返済がくるしいあなたへ

キャッシングをしている人口は現在少なくないと思います。キャッシングをしている人の中には一社のみではなく複数の消費者金融からのキャッシングをしている人も少なくないと思います。複数社からのキャッシングをする理由として、返済のために他からも借りという自転車操業の状態の人が多いのではないかと思います。

しかし、利息のみを返している状態になり元金が全く減っていかないという問題が生じてくると思います。そんな時に私がお勧めするのは、キャッシングの一本化です。一本化をすることにより、利息は少なからず減るとともに返済日などの管理も容易になり遅延損害金などの支払いもなくなるというメリットもあります。一本化するにあたっても審査があるため必ずしも一本化できるとは限りません。しかし自転車操業になり不安があるという方は一度試してみる価値があると思います。

キャッシングの返済

キャッシングに申し込みを考えておられる方の悩みの一つに、うまく返済できるかどうかということがあると思います。そんな方のために、良心的で有名なキャッシング会社のホームページには、返済シュミレーションを行うことができます。こちらは、無料で返済のために月々いくらかかるのかやどれくらいの期間返済に掛かるのかなどをシュミレーションしてくれます。

大手のキャシング会社で借り入れを考えておられる方は、一度ホームページにこの返済シュミレーションがあるのか調べてみてください。必要事項をいくつか記入するだけで、返済に関するあなたの悩みを解決してくれることでしょう。ネット環境が整っていない方は、電話や窓口で返済シュミレーションを行ってくれる場合もあるので、一度問い合わせてみてくださいね。

おまとめローンを使って返済の仕方を変化させる

キャッシングは、限度額上限まで借り入れ出来る比較的自由度がある個人向け融資サービスです。この融資サービスは、貸金業法で決められている総量規制による総限度額の制限がありますが、その制限の上限までであれば、複数の金融会社のサービスを併用する事が可能です。しかし、複数の会社から借り入れをしますと、それだけ月に返済をする回数が増加しますので、途中で返済窓口を一本化した方が返済の効率が良くなります。

おまとめローンは、複数の消費者金融会社のキャッシングで借り入れした人々の借り入れしている金額のお金を融資し、それを借りた利用者が現在の借り入れを一括で返済する事で、返済の為に借りた借り入れを新たなローンとして返していくという融資サービスです。キャッシングと比較して自由度がある融資サービスではありませんが、返済方法を変化させる手段として効果的です。

キャッシング大手業者の返済期日の違い

キャッシングは業者によって返済期日も異なります。申し込む前にあなたのご都合に合っている業者選びも大切です。大手の消費者金融3社の返済期日を比較してみましょう。

まずはプロミスです。返済期日に自由度があり、毎月5日、15日、25日、末日と4つのパターンから選択することができます。お給料日などのサイクルに合わせて設定が出来るのは魅力でしょう。

次はアコムです。契約内容によっては返済期日を設定することが出来ますが、こちらの場合は35日毎の返済というサイクルが特徴的です。最終返済日の翌日から35日であり、通常のキャッシング業者に比べて余裕のある返済プランが立てられます。

最後はアイフルです。2つのパターンを選択することが可能で、1つは約定日制度。お給料日などに合わせて返済日を自身で決定することが出来ます。もう1つはサイクル制で、最終返済日の翌日から35日後が返済日となります。

このように、キャッシング大手業者の中でも返済期日は異なります。35日サイクルは非常に返済が楽にはなるものの、返済する期間自体は長くなってしまう傾向がありますのでこちらを利用する際には収入状況により多めに返済することをオススメします。ただ、銀行系カードローンなどでは返済期日に柔軟性は望めませんので魅力的であるには違いありません。

3種類の返済方式のどれがいい?

カードローンの返済は、残高スライド元利定額返済方式と元利定率リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式があります。

残高スライド元利定額返済方式は多くの消費者金融で採用され、最終借入後の借入残高に応じてあらかじめ決められている最低返済額を支払う方式です。例えばモビットなら、借入残高が10万円までなら1000円、10万円超~20万円なら8000円となります。このように毎月少ない返済額となり楽なのがメリットですが、なかなか元金が減らないので返済が長引くのがデメリットです。

元利定率リボルビング方式は主にアコムで採用され、金融機関が定めた割合を最後に借りた時の借入残高に乗じて毎月の返済額を計算します。アコムの場合、アコムが定める割合は限度額が30万円以下の場合4.2%、30万円以上の場合3~1.5%となります。例えば10万円を借りた場合10万円×4.2%=4200円となります、アコムは千円単位の返済となるので、繰り上がり5000円の返済となります。

最後に残高スライドリボルビング方式は銀行カードローンで主流で、借入残高によって返済額が変わります。たいていは前月末日時点での借入残高によって決定され、返済が進み残高が減っていくと返済額が少なくなる仕組みです。

どの返済方式がいいのかは難しいですが、この計算方式で返済する額はあくまでも最低返済額です。この最低返済額のみ返済していけば完済するまで時間がかかるので、繰り上げ返済を併用するのが上手な返済方法です。