過剰融資問題後の銀行カードローンはどうなるのか

銀行カードローンといえば、銀行という信頼性と金利の安さから消費者金融のカードローンよりも利用を希望している人が多いと考えられていました。しかし、銀行カードローンの過剰融資問題が表面化してからは銀行カードローンもそれほどの信頼性はないものということが暴露されてしまいました。全国銀行協会の要請でそれぞれの銀行はそれぞれの自主規制を実施するようですが、その自主規制の内容を見てみれは、それは貸金業法に導入されていた総量規制の内容に沿っていることは明らかにわかります。

それならば、これから銀行カードローンの利用を検討している人は消費者金融の総量規制に引っかからないような人でないと審査に通りにくくなっていくと考えることができます。それだけではなく、しばらくはただでさえ審査が厳しいと言われている銀行カードローンの審査が今以上に厳しくなることも考えておくべきでしょう。それは銀行カードローンの過剰な融資が正常に戻ったと当局が判断するまでは続くことでしょう。当局が納得するような自主規制をしなければ意味はないからです。つまり、消費者金融のキャッシングやカードローンが利用できないような人は銀行カードローンの利用はまずできるはずがないという結論になります。