地場の銀行で借り換え

キャッシングは一度に多額のお金を借りることができる。

私は2年前、消費者金融と言われる4社プラス銀行1社から借入を行いました。

一度に5社周り200万円の金を手にしました。

それは、借りただけで、返済をしなくてはなりません。

借りた理由は投資話があり、お金がない場合は、このようにお金を作ると詐欺会社の上手い話に載せられたからです。

当時は疑問にも思いませんでした。

借入も、身分証明書一枚あれば、年収分ぐらいは借入できます。

とにかく、利息がかなり高いです。

毎月3万円返済してましたが、1万円は利息です。

利息がもったいないので、地場の銀行で借り換えを行いました。

現在は、返済額3万円、利息2千円です。

とにかく、利息が高いため銀行での借入をおすすめします。

おまとめローンは銀行カードローンが有利

複数の金融業者からの借入がある状態では、返済日管理が難しいだけでなく、金利も高い状態のままとなりがちです。消費者金融からの借入がある人にとっては、年収の1/3以上の借入を制限する総量規制に抵触しかねない状況から、手軽に借り換えが難しくなっています。

総量規制の例外として認められているおまとめローンを利用すれば、年収の1/3を上回る金額を一括で借り換え出来ますが、全てが良いことばかりとは限りません。なぜなら、貸金業法に基づくおまとめローンを利用中は、完済するまで他社からの借入を貸金業者が自主規制しているので、いざという時の資金に困ってしまうからです。

銀行カードローンを利用すれば、そもそも総量規制対象外であって、信用力次第では年収の1/3を超える融資枠を得られる可能性があります。銀行カードローンは、消費者金融や信販会社よりも低金利で行われているので、銀行カードローンを実質的なおまとめローンとして利用すれば、完済に至る前に追加借入が可能です。

いざという時に追加借入出来る安心感は、並行して貯蓄を行わなくても返済を優先できる状況が得られるので、随時返済を活用して早期完済を目指せます。銀行カードローンを利用した実質的なおまとめローンは、貸金業法にもとづくおまとめローンよりも有利です。

急に現金が必要になった!でも、銀行や消費者金融から融資を受けられない場合は?

日常生活を送る中で、突発的に現金が必要になるというケースは必ずあります。その際、銀行や消費者金融といった金融機関から無担保または不動産担保で融資を受けることが一番先に思い浮かびます。しかし、与信状況が思わしくない場合や不動産がない場合において、現金が必要でも借りれないという事態に直面する可能性があります。消費者金融のキャッシング契約に於いては、申込者の約4割ほどの審査通過率という実態があります。このような場合、公的支援による融資を受けるという手段があるものの、条件が厳しいことや審査に時間が掛かるなど問題があります。

もし、キャッシング契約が難しいといった場合でも、生命保険を担保にすることで必要な現金を確保することが可能です。この方法は、契約者貸付制度と言われ、生命保険の解約返戻金の7~9割の現金を借り入れすることが出来ます。銀行に預金が無くても、20代から万が一に備えて生命保険に加入している場合、解約返戻金が高額になるケースもあるため、金融機関の審査に不安を抱えてる方は、この制度を有効に活用するのが得策です。特に生命保険は金融資産となるため、立派な財産となり得ます。過去に債務整理の事実があったとしても、しっかりと手元に残る資産となるため、現金調達の方法として準備しておくことをおすすめします。