急に現金が必要になった!でも、銀行や消費者金融から融資を受けられない場合は?

日常生活を送る中で、突発的に現金が必要になるというケースは必ずあります。その際、銀行や消費者金融といった金融機関から無担保または不動産担保で融資を受けることが一番先に思い浮かびます。しかし、与信状況が思わしくない場合や不動産がない場合において、現金が必要でも借りれないという事態に直面する可能性があります。消費者金融のキャッシング契約に於いては、申込者の約4割ほどの審査通過率という実態があります。このような場合、公的支援による融資を受けるという手段があるものの、条件が厳しいことや審査に時間が掛かるなど問題があります。

もし、キャッシング契約が難しいといった場合でも、生命保険を担保にすることで必要な現金を確保することが可能です。この方法は、契約者貸付制度と言われ、生命保険の解約返戻金の7~9割の現金を借り入れすることが出来ます。銀行に預金が無くても、20代から万が一に備えて生命保険に加入している場合、解約返戻金が高額になるケースもあるため、金融機関の審査に不安を抱えてる方は、この制度を有効に活用するのが得策です。特に生命保険は金融資産となるため、立派な財産となり得ます。過去に債務整理の事実があったとしても、しっかりと手元に残る資産となるため、現金調達の方法として準備しておくことをおすすめします。

年末年始のキャッシングの注意点

全国で、いつでも利用する事が出来るキャッシングは非常に魅力的なサービスですが、年末年始に関してはどうなのか気になるのではないでしょうか。休日や祝日でも利用できるので、利用できそうな気もしますが、しっかりとチェックしておいた方が良いのではないでしょうか。何かとお金を使う機会の多い年末年始ですが、いつも利用しているキャッシングが利用できないとなると困る方も多いのでは。確実に借入がしたい場合は、年末年始に入る前に申し込みを行うようにしましょう。

年末年始の営業に関しては消費者金融によって異なるので、利用できなくて困る事がないようにホームページなどを確認しておく方が良いでしょう。申し込みに関しては出来ない消費者金融が多いですが、契約後の借入については、利用するATMの営業について調べておく必要があります。また大手の消費者金融の場合でもATMの利用も出来ない場合もあるので注意が必要になるでしょう。また万が一、営業をしていない年末年始にカードを無くしてしまった場合は、どうしたら良いのでしょうか。緊急時の窓口に関しては利用できるようになっている業者が多いので、慌てずに連絡して、しっかりと対応してもらいましょう。

過剰融資問題後の銀行カードローンはどうなるのか

銀行カードローンといえば、銀行という信頼性と金利の安さから消費者金融のカードローンよりも利用を希望している人が多いと考えられていました。しかし、銀行カードローンの過剰融資問題が表面化してからは銀行カードローンもそれほどの信頼性はないものということが暴露されてしまいました。全国銀行協会の要請でそれぞれの銀行はそれぞれの自主規制を実施するようですが、その自主規制の内容を見てみれは、それは貸金業法に導入されていた総量規制の内容に沿っていることは明らかにわかります。

それならば、これから銀行カードローンの利用を検討している人は消費者金融の総量規制に引っかからないような人でないと審査に通りにくくなっていくと考えることができます。それだけではなく、しばらくはただでさえ審査が厳しいと言われている銀行カードローンの審査が今以上に厳しくなることも考えておくべきでしょう。それは銀行カードローンの過剰な融資が正常に戻ったと当局が判断するまでは続くことでしょう。当局が納得するような自主規制をしなければ意味はないからです。つまり、消費者金融のキャッシングやカードローンが利用できないような人は銀行カードローンの利用はまずできるはずがないという結論になります。

銀行カードローンの審査の厳格化が起こったきっかけは

銀行カードローンの過剰融資問題が新聞各紙に取り上げられて、ついに全国銀行協会はそれぞれの銀行のカードローンの審査の厳格化などの自主規制を行うように要請しました。全国銀行協会が銀行に要請をした、という婉曲的な表現にはなっていますが、それは実際には要請と言うような優しいものではないと考えられるので、ほとんどの銀行は自社のカードローンについて条件や審査の見直しを行うことはほぼ間違いないでしょう。銀行の監督官庁である金融庁の調査が入ったことで、自主規制の流れになってきたと思われますが、もともと銀行カードローンが過剰融資を行っているという問題提起をしたのは監督官庁たる金融庁ではなく、日本弁護士連合会が動いたからです。

日本弁護士連合会が動いたのは自己破産をした人が13年ぶりに増加に転じたことを問題としたのです。自己破産者の増加と銀行カードローンの貸出残高の増大との因果関係があるとして、返済能力が足りない人にも銀行カードローンが返済能力を超えた融資をしている事実を指摘しました。全国銀行協会の自主規制の要請をしたということは日本弁護士連合会の指摘が全く当たっていないわけではないという証明になっています。

早くお金を借りたい時はネットで申し込みをして自動契約機で契約手続きをするのがオススメ

大手の消費者金融は自動契約機かネットで申し込むのが主流になっていてどちらの方法で申し込みをしても即日融資を受ける事が出来ます。即日融資を受ける時はどちらの方法で申し込みをしても構いませんが、なるべく早くお金を借りたい時はネットで申し込みをして自動契約機で契約手続きをするのがオススメです。

まず利用する消費者金融のホームページにアクセスして個人情報や勤務先情報を入力して申し込みをします。それで審査が開始されたら自動契約機に向かいます。自動契約機に向かっている途中に審査が行われていて到着する頃には審査が終了しています。それで審査が可決されていれば自動契約機で契約手続きをして契約が完了したらキャッシングカードが発行されます。キャッシングカードが発行されたら自社ATMかコンビニなどに設置されているATMでお金を借りる事が出来ます。申し込みをしてから最短1時間というスピードなのでなるべく早くお金を借りたい時はオススメの申込方法です。

ネットで申し込みをして自動契約機で契約手続きをする方法は自宅周辺に自動契約機が設置されていると効果的ですが、設置されていない場合は出向くまで時間がかかってしまうので早くお金を借りる事が出来ない可能性があります。自宅周辺に自動契約機が設置されていない時はネットで申し込むようにしましょう。

在籍確認の電話なしでキャッシングに申請できました

自由に使えるお金の少ない私はいつも消費者金融のキャッシングを頼りにして生活をしています。消費者金融はとても頼りになりますが、契約が不履行となってしまわないよう細心の注意を払って利用させてもらっています。私が申請して契約を結んだ消費者金融は有り難いことに職場への在籍確認の電話がありませんでした。審査で在籍確認の電話を必要としていない消費者金融を探して申請したので当然のことですが、在籍確認の電話が職場にかかってこなかったので誰にも知られずにキャッシングの申請ができたのは私にとって本当に有り難いことでした。

私はずっと消費者金融に申請する場合は在籍確認の電話が必要不可欠なものだと思っていました。そのように思っていたので消費者金融から資金援助を受けてみたいと思っていましたが、申請することを躊躇っていました。在籍確認の電話が必要としない申請の仕方があることを知ったのはまったくの偶然でした。雑誌に載っていた消費者金融の広告で在籍確認の電話なしで申請できることを知ったのでした。最初は信じられませんでしたが、ネットでその消費者金融の公式ホームページを見て、それは本当だということが判ったのでした。ネットで検索をすればすぐ見つかると思いますので、興味のある方は調べてみることをオススメします。